夏バテ気味で食欲がない…冷たい麺類ばかり食べて栄養不足が気になる…と感じていませんか?夏バテになると全身のだるさや疲労感が続き、食欲がなくなるため、消化器の機能が低下します。

 

「夏バテかな?」と思ったら、食生活を見直して栄養をしっかり摂取することが大切です。

そこで今回は、夏バテの症状と原因、夏バテ対策に役立つ食材と簡単レシピをご紹介します。

夏を元気に乗り切るためにもぜひ、参考にしてみてください。

夏バテの症状とは?

夏バテになると食事を抜いたり冷たい食事ばかり食べていると体に必要な栄養素やエネルギーが不足して全身のだるさと疲労感が現れて、疲れがなかなか取れない状態が続きます。

連日続く暑さによって睡眠不足になると、さらに疲労が溜まるので、だるさと倦怠感が酷くなります。睡眠不足により体がゆっくり休めていないため、自律神経が乱れ消化器の機能も低下していきます。そのため、夏バテになると胃腸の調子が悪くなり食欲がなくなってしまいます。

 

では、夏バテはどのような原因で起こるのでしょうか。

 

<夏バテになる原因>

最もよくある夏バテの原因は、室内外の温度差による自律神経の乱れです。エアコンが効いたオフィスや店舗の中で長時間仕事をされている方は、猛暑の屋外との気温差により自律神経が乱れてかなり体力を消耗します。

 

室内外の温度差により自律神経が乱れると、胃腸が弱くなって食欲不振になり、夏バテを引き起こします。
そして、真夏は高温多湿の日が続くので、過剰な発汗により体内が水分不足になり、体温調節がうまくできず、夏バテを引き起こしやすくなるのです。

 

特に都市部の住宅地ではエアコンの室外機により、夜でも気温が下がらず、寝付きが悪くなり睡眠不足となることが夏バテの原因になります。

 

<夏バテ症状かも?夏バテかどうかのチェックポイント>

夏バテの症状は個人差がありますが、以下の症状に一つでも当てはまった場合は夏バテ予備軍です。

 

・体がだるくて重く感じる、疲れやすく倦怠感

・仕事でやる気が出ない、無気力

・食欲がなくなった

・下痢または便秘がちになった

・カラダが熱っぽくのぼせる

・めまいや立ちくらみがする

・頭痛や吐き気がする

 

夏バテになる前に症状が現れるので夏バテ予備軍になっていないか上記でチェックし、予備軍の方は夏バテ対策をおこないましょう。

 

夏バテにならないために必要な栄養素やエネルギーを補給しましょう!

<夏バテに効く食材>

真夏の過酷な温度と湿度により、体が最も疲れているのは「胃腸」です。

 

胃腸が弱くなると食欲がなくなってしまうだけでなく、元気もやる気も出なくなってしまいます。

真夏でも元気な体でいるためには、体に必要な栄養素やエネルギーを補給して、胃腸を健康にすることが大切です。

 

体が必要としている栄養素やビタミン、ミネラルを摂取して、胃腸が健康になれば、エネルギーが生まれて、夏バテ知らずになります。

 

夏バテ予防には、まずは胃腸を元気にするために栄養素が豊富な食材を取ることが大切です。

 

<エネルギー補給に役立つビタミンB1・B2>

ビタミンB1・B2は、炭水化物をエネルギーに代える働きがあります。

 

暑くて食欲がなく少ししか食べられないという場合は、ビタミンB1、B2を多く含む食材を組み合わせると夏バテ対策に効果的です。

例えば、豚肉やうなぎ、納豆や豆腐などの大豆製品は

ビタミンB1・B2を豊富に含み、さっぱり食べられるのでおすすめです。

 

<筋肉疲労を解消するクエン酸>

疲れたときはレモンや梅干しなど酸っぱいものを口にしたくなりますが、それは体がクエン酸を欲している証拠です。

 

クエン酸もビタミンB1・B2同様に炭水化物をエネルギーに変える働きをしたり、筋肉疲労を解消させる効果があります。

 

夏バテ対策にはオレンジやレモンなどの柑橘類、梅干し、酢など、クエン酸を補給すると良いですね。

 

<元気の源!タンパク質>

体内でエネルギーを生み出してくれるタンパク質は夏だからこそ積極的に取りたい栄養素です。

タンパク質は筋肉疲労の解消、持久力アップ、貧血予防に役立ちます。

 

タンパク質は卵、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、鶏肉、豚肉、牛肉、魚、そして大豆製品に豊富に含まれています。

 

<ネバネバ系の食材>


オクラや納豆、長芋、モロヘイヤといったネバネバ系の食材は夏バテ対策になるビタミンや鉄分が豊富に含まれています。

 

食欲がないときは麺類にみょうが、しょうが、しそや薬味ねぎ、オクラなどを添えると食べやすくなります。

 

<旬の食材からビタミンやミネラルを補給>

夏バテ対策には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる夏が旬の食材を積極的に摂りましょう。

 

例えば、トマト、きゅうり、なす、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜はカリウムなどのミネラルを豊富に含み、体内の水分バランスが良くなります。

夏バテ対策料理でスタミナ回復をしよう!

夏バテ対策におすすめのレシピ

ここからは、夏バテ対策におすすめのレシピ3選をご紹介しましょう。

暑い日でも簡単にできるメニューなので参考にしてみてください。

 

<栄養たっぷりネバネバそうめん>

食欲がないときもさっぱり食べられて元気になれるネバネバそうめんです。

 

▼材料 (2人分)
そうめん 1束~2束
長芋 5センチ
たまご 1個
納豆 1パック
なめたけ 適量(小さじ一杯)
オクラ 1パック
すりごま 適量
めんつゆ 適量
青ネギ 適量

▼作り方

①錦糸たまごをつくり、オクラを下ゆでして刻んでおきます

②刻んだオクラはめんつゆとすりごまで和えて胡麻和えにします

③器にお好みのめんつゆをいれ、冷水でしめたそうめんと具材を盛り付けます

 

夏バテ対策に役立つ長芋、納豆、オクラ、長ネギなど盛りだくさんの一品です。

参照:cookpad 「夏バテ解消!簡単!ネバネバそうめん」

 

<ご飯が進む!豚肉の生姜焼き>

炒めるだけで美味しくタンパク質を摂取できる豚肉の生姜焼きです。

 

▼材料 (2人分)
豚こま肉 300g
玉ねぎ 1玉
茄子 1本
生姜 適量(小さじ2くらい)
醤油 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1

▼作り方

①すりおろした生姜と醤油、酒、みりんと混ぜる

②茄子は一口大、玉ねぎは5mmに切っておく

③油を敷いたフライパンで豚肉を焼き、野菜を入れて炒める

④全体に火が通ったら、混ぜた調味料を入れて合わせる

 

ご飯が進む美味しい生姜焼きはお子様にも人気のメニュー。お弁当のおかずにも良いですね。

参照:cookpad 「夏バテ防止の生姜焼き」

 

<夏バテ予防!甘酢あんかけ冷奴>

冷奴にきのことオクラを添えて甘酢でさっぱりと仕上げた一品です。

 

▼材料 (2人分)
豆腐(個包装) 150g×2
オクラ 6本
なめ茸 小1パック
えのき 少々
砂糖 大さじ3
醤油 大さじ2
酢 大さじ2

▼作り方

①オクラとなめ茸、えのきは茹でて熱を通す

②調味料を入れて火にかける

③冷やしたら冷奴にかけるお好みにより味を濃くしてもOK。豆腐の他にも白身魚との相性も良いです。

 

終わりに

今回は、夏バテの症状と原因、夏バテ対策に役立つ食材とレシピをご紹介しました。

高温多湿の厳しい夏は、疲労が溜まって体がだるくなり食欲不振になることが多いです。

 

「夏バテ気味かな」と感じたら、体に必要なビタミンや栄養素を補給して、胃腸を整えることが大切です。

 

肉や魚、乳製品からもタンパク質を積極的に摂取して元気に暑い夏を乗り越えて行きましょう。

recommend