赤ちゃんの離乳食を作るとなると、食材を細かく切ったり、ペースト状にするなど、普段の料理とは異なる行程が発生するので、普段の調理器具とは別に離乳食用の調理器具を用意する必要があります。

中には、離乳食づくりをグッと楽にしてくれる便利グッズも販売されており、これから離乳食を作る方は手に入れておきたいものばかりです。

 

今回は離乳食づくりが楽になる便利グッズを紹介していきます。赤ちゃんがいるご家庭にぴったりのものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

離乳食作りが大変な理由

経験のある方であれば必ず共感できるものですが、離乳食づくりは、下ごしらえや献立を毎日考えるなど、ママにとって大変な育児のひとつです。赤ちゃんでも食べられるように食材を細かくすりつぶしたりする手間もそうですし、赤ちゃんの体を考えると使える食材も限られてしまいます。

離乳食作りは普段の家庭料理以上に細やかな気遣いが必要という大変さがあります。1回作るだけであれば、それほど大変さは感じませんが、それが2年、3年と毎日続くとなると大変です。

 

①安全と栄養の両立が面倒

赤ちゃんの食事を作るときには、食材をペースト状にして食べやすいようにするのが基本となります。固形物を食べさせてしまうと、のどに詰まらせてしまう可能性があります。

さらに赤ちゃんの健康を気遣うと、消化器官が発達していないので、塩や砂糖など化学調味料などを使った離乳食を与えたくないという人もいるでしょう。大人の食事を作るときよりも安全面と栄養面を気遣わなくてはいけないので非常に大変です。

 

②メニューを考えるのが大変

赤ちゃんを育てる際には、思い通りにいくことの方が少ないですよね。手間暇かけて作った離乳食も赤ちゃんの機嫌が悪ければ食べてくれないといったこともしばしばです。赤ちゃんを飽きさせないためにも色々な種類の離乳食を作ろうと思いますが、離乳食は使って良い食材も限られているので、なかなか離乳食のバリエーションが増やせません。

 

③買い物も大変

一人の買い物はスムーズでも、赤ちゃんがいると同じようにはいきません。赤ちゃんを連れているだけでも疲れが溜まっていき、食材選びも大変です。帰ってから作るにしても赤ちゃんから目が離せません。しかし、離乳食を作るためには買い物に行かないといけないですよね。赤ちゃんがいる時期というのは、買い物ですら一苦労です。

 

これから離乳食作りを予定しているご家庭は作られる方のこれらの大変さを理解しサポート体制をしっかり作っていきましょう。

 

離乳食作りに使える便利グッズがある?

離乳食づくりで少しでも楽にすることができる便利グッズをご存知でしょうか。

離乳食作りを簡単にしたり、時間を短縮することができる便利グッズを用意することで、離乳食づくりの大変さを軽減することができます。

ちょっとした便利グッズを使うだけで日々の離乳食づくりがラクになり、余裕が生まれることによって楽しさが芽生え、「便利グッズを買う」→「離乳食づくりが楽になる」→「余裕が生まれる」→「モチベーションが上がる」となるのではないでしょうか。

離乳食作りに悩んでいる方や、これから離乳食を作ることになるご家庭の方は、ぜひ離乳食作りの便利グッズを手に入れてみてはどうでしょう。

 

離乳食の便利グッズの選び方

調理器具などで離乳食作りを楽にしてくれる便利グッズは色々とありますが、ただ便利であれば良いというわけではありません。ここでは離乳食の便利グッズの選び方を紹介していきます。

 

①安全面・衛生面への配慮ができているか

まず安全面ですが、やはり赤ちゃんの周りで危険が及びそうな調理器具を使ったり、置いておくのは危険です。好奇心旺盛な赤ちゃんが思わず触れてしまってケガをする恐れがあります。そのため、赤ちゃんが安心して使える商品を選ぶというのが重要となります。

衛生面については、赤ちゃんの口に入る物を作るわけですから、商品を清潔に維持できるかどうかというのも重要です。しっかりと丸洗いできて、雑菌などが繁殖しにくい構造の物を選びましょう。

 

②しっかりと時短ができる

離乳食の便利グッズを選ぶときには、作業工程が楽になる物だけではなく、離乳食作りにかかる時間が短縮できるかどうかという視点でも選びましょう。やはり赤ちゃんを育てているご家庭にとって家事の時間は惜しいものです。離乳食の便利グッズには時短という要素も取り入れて選んでみましょう。

 

③ずっと使えるものだとお得

離乳食の便利グッズとはいっても、赤ちゃんが成長し、離乳食が不要となったときに、捨ててしまうのはもったいないですよね。できれば、子どもが成長した後も使い続けることができるようなものを選ぶと非常に良いでしょう。

離乳食作りの便利グッズを使って簡単に作っちゃおう!

離乳食作りの便利グッズ10選!

ここからは離乳食作りの便利グッズを紹介していきます。忙しくて大変な離乳食作りを少しでも楽にしたい人はぜひチェックしてみてください。

 

①ブレンダー

参照:Amazon「ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735」

ブレンダーは食材をペースト状にするのに役立ちます。この作業は手でやるとかなり大変ですよね。これさえあれば毎日の作業がかなり楽にもなりますし、離乳食以外でも大活躍するのでおすすめです。

 

②小分け容器

参照:Amazon「チュチュベビー 離乳食保存用 小分けパック 120mL 8コ入り 冷凍・電子レンジ対応」

一度にまとめて作った離乳食を保存するための容器です。赤ちゃんが一度に食べる量を小分けにしておくと大変便利です。

 

③離乳食取り分け皿

参照:Amazon「リッチェル Richell トライシリーズ ND 離乳食取り分けすり皿(離乳食スプーン付)」

こちらの商品は食卓の上で手早く「つぶす」「まぜる」といった作業ができます。短時間で赤ちゃんでも食べることができる状態にできます。

 

④製氷機

参照:Amazon「アスベル フタ付ビックアイストレー L-10」

製氷機はペースト状にした離乳食を小分けにして冷凍することができます。こうすることで離乳食を作り置きすることができるので、作る回数を減らすことができます。製氷機を購入するときは蓋のついたものが衛生面で良いです。

 

⑤おかゆポット

参照:Amazon「ピジョン 炊飯器用 おかゆポット」

離乳食でよく作られるのがおかゆです。こちらのおかゆポットは楽におかゆをつくることができます。

 

⑥カッテッィングマッシャー

参照:Amazon「リッチェル Richell 調理用品 おでかけランチくん カッティングマッシャー(ケース付) 白」

麺類などが食べられるようになったときに使えるアイテムです。食材を細かく切って赤ちゃんでも食べられるサイズにすることができます。赤ちゃんの周りで使っても安全なプラスチック製の商品を選びましょう。

 

⑦フードプロセッサー

参照:Amazon「パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W」

離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて作りますよね。成長に従って段々と食べれるものの幅が広がってきたら、こちらのフードプロセッサーが活躍します。食材を一気に細かくすることができるので時短にもなりますし、普段の料理でも使えて便利です。

 

⑧マスキングテープ

参照:Amazon「kerätä マスキングテープ 30個セット 和紙テープ 15mm幅 5m巻 持ち運びに便利な巻き巻きプレート3枚 オリジナルレシピ集付き」

離乳食をストックして保存する場合に、ペースト状になっていると見分けがつきにくいので、マスキングテープなどを活用して分類すると間違えることがなくなるのでおすすめです。

 

⑨離乳食用調理セット

参照:Amazon「コンビ ベビーレーベル 離乳食ナビゲート 調理セット」

ブレンダーやフードプロセッサーよりも安く便利グッズを手に入れたいと思っているなら離乳食用の調理グッズを購入しましょう。食事を小さく切る、つぶす、すりおろすなど必要な用途で使えるものを用意しましょう。

 

⑩フードカッター

参照:Amazon「SKATER 離乳食 フードカッター フォレストアニマルズ BFC1」

ペースト状のものだけではなく、ある程度刻んだものを食べられるようになったらこちらがおすすめです。手早く楽に食材を刻めるので、調理が非常に楽になります。

 

終わりに

いかがだったでしょうか。

赤ちゃんの発育過程で避けては通れない離乳食づくりですが、ママはできるだけ手間をなくし、安心安全な離乳食を与えたいと思っているはずです。

離乳食作りは献立を考えたり下準備をしっかりしないといけないなど、本当に大変です。手間暇かけることも大事ですが、どうすれば簡単に楽しくできるかという視点で便利グッズを用意して、無理なく離乳食づくりをしてみるのも良いかもしれません。

recommend