fbpx

離乳食は食材を細かくきざんだり、裏ごししたりと、下ごしらえで大変な思いをしているママは多いものです。そんなママにおすすめの方法が、離乳食にミキサーを取れ入れてみることです。ミキサーを上手に利用することで、下ごしらえの手間を少なくでき、調理時間も短縮することができます。

 

今回は離乳食にミキサーを使うメリットやその理由、そしておすすめのミキサーについてご紹介していきましょう。

離乳食作りにミキサーがおすすめである理由

疑問に思う女性

離乳食は赤ちゃんの首が座り、消化機能が整ってくる生後5、6か月頃から始めるのが一般的です。

この時期の離乳食は、トロトロのペースト状が基本となり、赤ちゃんはそれ以外の離乳食を口にすることが出来ません。

 

おかゆや野菜、白身魚や豆腐といった食材をトロトロにする為に裏ごし器で裏ごししたり、すり鉢ですり潰す必要があります。しかし、結構手間がかかり、ある程度力も入れなければならないので、意外と重労働と言えるでしょう。

 

ミキサーを使えば、そのような重労働を無くし、さらに食材を入れてスイッチを押すだけですので、調理時間の短縮にもつながり、一石二鳥です。

 

また、野菜などの離乳食で使う食材をまとめてミキサーで下ごしらえすることができるので、細かくした食材をフリージングしておけば、その分の時間を他のことに当てることができおすすめです。

 

 

ミキサーとブレンダーの違いを知っておこう

疑問を持つ男女

赤ちゃんの離乳食をトロトロにする為ミキサーが便利とお伝えしましたが、ミキサーと似ている物に「ブレンダー」があります。

 

ミキサーとブレンダーの形状の違いとしては、ミキサーは据え置き型になっており食材を入れしっかりと押さえ、ペースト状にしていくのに対し、ブレンダーはハンディタイプの物で、手に取って利用する物が大半です。

 

食材をペースト状に出来る点では同じですが、ブレンダーの多くは付属のアタッチメントを変えることで食材をみじん切りにすることができるなど、ペーストにする以外の下ごしらえにも対応できるので、離乳食の初期から後期にかけても利用することが可能です。

離乳食作りのミキサーを選ぶポイント

ポイントを説明する女性

離乳食初期の頃は、赤ちゃんが食べやすいように食材をできるだけ細かくしてペーストにする必要があるので、特に切れ味を比較して検討することが良いでしょう。

 

また、調理器具に菌が繁殖しないように、清潔に保つことも重要であるので、部品を取り外して隅々まで洗えるかどうかも事前に確認しておくと良いでしょう。金属製のミキサーであれば熱湯消毒が出来ますので、より清潔に保つことが出来ます。

 

赤ちゃんの安心安全を考えるのであれば、切れ味がよく、お手入れがしやすいミキサーを選ぶのがよいですが、ママにとっても使いやすいものを選ぶ方が良いでしょう。現在では、多機能なミキサーも増えて、逆に使い方がわかりづらいものもありますので、自分にあった、使いやすいミキサーを選ぶようにしましょう。

 

離乳食の時期としては生後5~6ケ月頃の初期、7~8ケ月頃の中期、9~11ケ月頃、1歳~1歳4ケ月頃の後期と変わっていきます。

 

赤ちゃんの成長、その時期に伴い食材の固さや粒の大きさが変わりますので、ミキサーを使って現在の赤ちゃんに適したサイズに食材を下ごしらえすることが必要です。

 

離乳食初期の生後5~6か月頃は、まだトロトロのペースト状しか食べることが出来ません。おかゆはもちろん柔らかく茹でた野菜、白身魚をトロトロにして食べさせてあげましょう。

 

おかゆは米10、水1の割合で炊く10倍粥が基本となりますが、ミキサーであれば10倍粥のすり潰しにも利用することができます。

 

また、離乳食初期から中期に変わる時、固形物が入ってくると、赤ちゃんが急に離乳食を嫌がり、食が細くなるケースがあります。

そのような時は事前練習として、中期に移り替わる辺りからペースト状にした物にちょっとずつ柔らかく茹でて細かく刻んだ野菜や白身魚などを含ませていくことで、スムーズに移行出来るようになります。

 

離乳食中期の生後7~8か月頃になるとトロトロのペースト状だけでなく、みじん切りにした物や細かく潰した物を食べられるようになります。

 

柔らかく茹でた野菜や白身魚をミキサーで細かくして食べさせてあげましょう。

 

離乳食にも慣れてきた9~11ヶ月頃になってくると、それほど細かくない粗くみじん切りした物や粗めにつぶした物が食べられるようになります。

 

ミキサーで粗くみじん切りにした野菜はもちろん、白身魚や鶏のささみ、鶏の胸肉、鶏の挽肉などもメニィーに追加することができ、レパートリーも豊富になります。

 

また、この時期は食の楽しさが段々とわかるようになり、与えた食事を次々と平らげてしまう時期でもあります。

 

9~11ケ月頃の離乳食後期までくると、サイズとしては大きめの食材が食べられるようになります。これまでよりも粗く刻んだ野菜や白身魚、お肉を食べますので、ミキサー自体の出番は減ってくるでしょう。

 

この頃になると、離乳食を始めた頃のように頻繁にミキサーを使うということはなくなりますが、食材の下ごしらえやみじん切りは必要になるので、定期的に活用するようにしましょう。

 

ミキサーの利点を活かし、それぞれ用途ごとに使い分けていくのが良いでしょう。

 

 

離乳食作りのおすすめのミキサー

オススメをする女性

離乳食作りにとても便利なミキサーですが、品数も豊富にあるのでいざ購入しようと思っても、悩んでしまい選び疲れてしまうかもしれません。

 

ここからは離乳食作りのおすすめのミキサーをご紹介していきましょう

 

《ティファールミキサー「ミニマルチ」》参照:Amazon

値段:11,800円

サイズ:幅135×奥行135×高さ330mm

本体重量:1200g

電源:100V 50/60Hz

消費電力:300W

 

野菜のみじん切りや挽肉が出来る「チョッパー」、ふりかけなどが作れる「ドライミル」が付いていますので、離乳食作りに適しています。

 

横幅も13cmしかなく非常にコンパクトなため置き場所に困らず、使いたい時にさっと使えて便利です。

 

《コイズミ ミルミキサー》参照:Amazon

値段:3,662円

サイズ:高さ28×幅13.8×奥行11.5cm

本体重量:1200g

電源:100V 50/60Hz

消費電力:150W

 

チタンコーティングされたカッターが付いており、非常に滑らかなペーストを作ることが出来ます。また、ミルでふりかけや自家製の出汁なども作れるので重宝します。

 

容量も400mlと少量サイズであり場所も取らないので、すぐにパッと使える便利さがあります。

 

《パナソニック MX-X301-R》参照:Amazon

値段:7,113円

サイズ:高さ37.2×幅20.3×奥行21.4cm

本体重量(kg):2900g

消費電力(約);255W

 

パナソニック独自のファイバーカッターはとても切れ味が鋭く、様々な食材を滑らかな口当たりにします。

 

1000mlという大容量カップですので、多めの食材の下ごしらえやみじん切りにも役立ちます。また、付属のスムージーバーにより葉野菜など空回りしやすい食材もキレイに処理出来ます。離乳食作りだけでなく、色々な料理に使え重宝します。

 

《テスコム ミキサー TM855―W》参照:Amazon

値段:2,772円

サイズ:不明

本体重量(kg):不明

消費電力(約);不明

 

こちらのミキサーはボトルを本体にセットして始めて稼働しますので、誤動作を防ぎ初心者でも安心して使うことが出来ます。

 

また、ボトルを逆さまにしてコンパクトに収納することが出来ますので、場所を取りません。ガラス容器が耐熱ガラスではないので、熱い食材をそのまま入れるのはNGです。

 

《イワタニ ミルサー IFM―650D》参照:Amazon

 

値段:5,500円

サイズ: 直径111(ジュース容器時/135mm)×高さ269mm

重量: ジュース容器時/約1,100g

容量(有効容量): ジュース容器/420ml、ミル容器(小容器)/80ml

定格電圧: AC100V

 

こちらの商品はミキサーにミル機能をプラスしており、イワタニのロングセラー商品です。ジュース容器とミル容器がセットになっており、ジュース容器では簡単に離乳食の野菜ペーストができ、ミル容器ではふりかけや出汁を作ることが出来ます。

 

容器はポリカーボネート製であり軽くて丈夫、割れにくい設計になっています。また、シンプルな作りなので洗いやすくお手入れも楽に出来ます。

 

 

おわりに

離乳食は、赤ちゃんの成長に応じて、食材の大きさや形状を変化させる必要があります。特に離乳食初期は、赤ちゃんが紹介しやすいように、できるだけ細かく食材を切ったり、ペーストにする必要があります。

 

そういった、離乳食の下ごしらえにミキサーを用いることで、簡単にしかも、時間をかけなくて済むので、紹介したミキサーを参考に、新規購入や買い直しを検討してみてはいかがでしょうか。

recommend