fbpx

赤ちゃんも離乳食後期になるとこれまでとは違い、ある程度の固形物や大きめにカットした物も食べられるようになります。これまで食材をペースト状にしたり細かく潰していたりと大変だったママも、少し楽になる時期でもあります。

本記事では、生後何ヶ月頃からが離乳食後期に当たるのか、そして食べられる食材や食べさせる量はどの位が良いタイミングなのかについて説明していきます。

離乳食後期はいつ頃?

時計を持つ男性

離乳食初期や中期の頃は、赤ちゃんにとって食事が初めての経験ということもあり、離乳食を嫌がりなかなか食べてもらえず苦労しやすい時期ですが、離乳食後期は赤ちゃんも食事に慣れてきて、固形物も少しずつ食べられるようになります。

一体、生後いつ頃から離乳食後期が始まるのが一般的なのでしょうか。

現在、離乳食後期開始の目安は9〜11ヶ月頃と言われています。
大体1歳になるまでの2〜3ヶ月前という目安ですが、赤ちゃんの成長具合にもよって、多少前後します。

ほぼ丸飲みだった食べ物を歯茎で噛んで食べることができ、ごはんも半分以上食べられるようであれば離乳食後期に移る段階とも言われています。ちょうど、この頃、前歯以外の歯もだんだん生え始めてきます。

また、離乳食後期から食事の回数が3回になり、食事のリズムが完成する時期でもあります。

母乳やミルクを欲することがありますが、食事の前に与えてしまうとお腹が膨らんでしまい、食事の量が減ってしまうので、母乳やミルクを与える場合は食事の後にし、この時期からは、卒乳を促し、離乳食メインの食生活に変えていく時期でもあります。

 

 

離乳食後期の進め方

スプーンを持つ子供

ここでは離乳食後期の進め方として、具体的な方法やポイントなどをお伝えしていきます。

まず、離乳食後期の赤ちゃんは自分の手を使って物を食べたいので、手づかみが多くなります。
この時期は赤ちゃんの服や机や床が汚れてしまうので、ママが赤ちゃんに食べさせてしまうことも多いようですが、手づかみでも良いので、ちょっとずつ赤ちゃんに自分で食べさせるようにしましょう。

そうすることで、赤ちゃん自身が食事に興味をもち、離乳食を卒業することに近づいていくことにもなります。

朝、昼、夕方の3回食に変わりますが、夕方の食事は18:00までを1つの目安とし、夜遅くならないようにします。

この頃から食材の品数や種類も増やしていきましょう。肉や魚もこれまで淡白な鶏肉か白身魚だけでしたが、赤身の肉や魚を取り入れても問題ありません。

また、この頃の赤ちゃんは手を使って食べるので、茹でたスティック野菜、マッシュポテトなどつかみやすい食べ物を用意するのもお勧めです。

さらに、ストローではなくコップを使って、段々飲めるようになりますので、助けてあげながら、飲み物を飲ませてあげましょう。

この時期は食べ物や食べ方に興味を持ちますので、出来るだけ家族と一緒に食べる時間を持つと食事は楽しいものと理解していきます。毎日は難しいかもしれませんが、休日など出来るだけ家族一緒で食事する機会を作りましょう。

 

離乳食後期に食べられる食材一覧

色通りどりの野菜

離乳食後期には結構多くの食材を食べられるようになりますが、それでもどんな食材が良いのかと悩むママさんも多いはずです。

ここでは、離乳食後期に食べられる食材にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

《炭水化物》
春雨や葛きり、玄米フレーク、クラッカーなど与えることが出来ます。
玄米フレークとクラッカーは細かく砕く、春雨や葛きりは小さく切り、どちらも柔らかく煮ます。

《麺類》
中華麺、そば、ビーフン、フォーを与えることができ、どれも小さく切って柔らかく煮ます。
そばはアレルギーの可能性がありますので、注意しながら食べさせましょう。

《パン類》
胚芽入りパン、マフィン、バケットなど与えられます。硬い耳の部分は切り落として柔らかな部分を小さく切り食べさせます。

《乳製品》
プロセスチーズ、クリームチーズ、溶けるチーズ、マスカルポーネを与えることが出来ます。
細かく刻んでから食べさせるようにしましょう。

《肉類》
牛赤身、牛ひき肉、豚ひき肉、豚ロース、豚モモ肉、ベーコンを与えられます。
牛ひき肉と豚ひき肉は最初に細かくすり潰してから柔らかく煮ます。その他はすりおろしてから煮ます。

《大豆と大豆製品》
焼き豆腐、ゆばを与えることが出来ます。焼き豆腐は6〜7ミリの角切り、ゆばは粗みじん切りにしてから煮ます。

《魚介類》
あじ、サバ、さわら、金目鯛、銀ダラ、かき、エビ、カニ、帆立貝、干し桜エビ、サバ缶詰、帆立缶詰を与えられます、
生魚や貝類は十分加熱した後にほぐします。缶詰は中の汁を捨て、湯通ししてほぐし、刻みましょう。

《海藻類》
寒天、ところてん、めかぶ、もずく、ひじきを与えることが出来ます。
もずくは、味付けされていない物を選び、細かくみじん切りにします。ひじき、めかぶは、十分加熱して小さく切り、ところてんや寒天はそのまま小さく切ります。

《葉野菜》
もやし、しょうが、にんにく、シソ、ゴーヤ、セロリ、パセリ、切り干し大根、バジル、ミントを与えられます。

切り干し大根はぬるま湯でゆっくり戻してから調理します。その他は細かくみじん切りにして少量を与えるようにしましょう。

《果物類》

ブルーベリー、ラズベリー、グレープフルーツ、缶詰の果物を与えることが出来ます。

ブルーベリー、ラズベリー、アボガドはスプーンなどで潰します。グレープフルーツは6〜7ミリサイズにカットします。缶詰の果物は種や薄皮を取り水洗いして6〜7ミリサイズに切ります。

まだ与えないほうが良い食材もご紹介すると、辛味や苦味、強い酸味がある刺激のあるもの、噛みきれないもの、濃い味付けのものなどの食材は避けることが無難と言えるでしょう。
ほとんどは素材の持ち味だけで食べさせるのがベストです。

 

 

離乳食後期の食べる量や食べさせ方

離乳食を食べる子供

離乳食後期は食べる量が圧倒的に増え、たくさん食べるようになります。
また、食事内容によっては大人のメニューから取り分けられますが、塩分や固さ、大きさに注意する必要があります。

では、実際どの位の量を食べるのでしょうか。

1回あたりの食事量としては、おかゆを80〜90g、野菜や果物を30〜40g、そこにタンパク質を含んだ食材をメニューに加えていきます。

タンパク質の具体的な量としては、肉類15g、魚類15g、豆腐40g、全卵を半分、乳製品80gほどが目安となります。

乳製品や卵はアレルギーが出やすいので、注意しながら少しずつ与えるようにしましょう。

次に食べさせ方ですが、離乳食初期や中期と違い、自分から進んで口に運ぶ、手づかみ食べになっていきます。

赤ちゃんは手づかみ食べを通し、食べ物の持つ温度や固さ、柔らかさなどを学んでいきます。
手づかみ食べが始まってきたら、野菜スティックなど手づかみしやすいメニューを増やしていき、赤ちゃんに合わせてあげましょう。

また、食べ物を手でぐちゃぐちゃにつぶしたり、食材をつかんでは離すをくり返すといった遊び食べも見られるようになります。
この手づかみ食べや遊び食べは赤ちゃんの成長には必要なことですので、おおらかな気持ちで対応する、汚れても良い環境にするといった配慮も必要になります。

 

 

離乳食後期に注意しておくこと

指をさす女性

離乳食後期は食べられる内容も増え味覚も発達します。
しかし、そんな離乳食後期だからこそ、注意しないといけない点があります。

離乳食後期の食べ物は大人でも食べられるものが増えていくため、硬そうなおかずがあるとつい口に含んで柔らかくしてから与えてしまいがちです。しかし、大人の口内は虫歯菌をはじめとした細菌が多く、それが原因で、免疫力の弱い赤ちゃんは虫歯や感染症になってしまう可能性がありますので、大人が噛んで柔らかくした物を与えないようにしましょう。

そして、離乳食後期は手づかみ食べや遊び食べが増え、どれから食べるかを赤ちゃんが考えはじめる時期でもあります。出来るだけワンプレートに用意して、赤ちゃんが食べ物を選ぶ練習をしてあげましょう。

また、この時期は母乳から摂っていた鉄分が離乳食に変わることにより鉄分不足になりやすいので、鉄分を補給するためにも、ほうれん草やレバー、豆類などを多く取り入れることも大切です。

 

 

おわりに

離乳食後期になると、一気に食べられる食材が増え、離乳食の一食分の量も増えていきます。また、食事に対して興味を持ち始める頃でもあり、自分の手を使って、食事を始めるようになります。

 

どうしても机や床を汚してしまいますが、そこはママも大目に見て、赤ちゃんが自分で食べようになることを応援しながら、離乳食後期を過ごしていくといいかもしれません。

recommend