fbpx

離乳食を始めた当初は赤ちゃんが口からこぼしたり、上手く食べられないなど色々と大変ですが、離乳食を始めて、2ヶ月ほど過ぎると赤ちゃんもママもだいぶ離乳食に慣れてきます。

 

そうなると、そろそろ離乳食中期へとステップアップする時期と言えるでしょう。今回は離乳食中期の進め方や食べられる食材、注意するべきことや食べさせ方のポイントについてご紹介していきます。

離乳食中期はいつ頃?

かぼちゃのペースト

離乳食中期という言葉は、聞いたことがあるけれど、一体いつ頃からなのかと考えるママも多いのではないでしょうか。

 

離乳食の初期は赤ちゃんが固形物を含んだ食事に慣れる期間であり、上手に食べる為の練習期間です。そして、離乳食中期は上手に食べられ、飲み込めるようになった赤ちゃんが、食べる楽しさをわかってくる時期でもあります。

 

離乳食中期は、一般的には離乳食を始めてからおおよそ2か月後くらい、生後7~8か月頃に該当します。スプーン一杯を口に入れた時、口からこぼさず、むせずに飲み込めるようになったら離乳食中期に移るタイミングと言えます。

 

離乳食初期の頃はどちらかというと噛まずに、飲み込める野菜のペーストやお粥などが大半ですが、離乳食中期からは噛む練習をさせる目的も踏まえて、舌で潰せる程度の柔らかさの固形の食材を与えていきます。

 

赤ちゃんによっては、固形の食材に驚いてしまい食べなくなってしまうこともあるので、離乳食中期へ移行する時は徐々におかゆを固くしていったり、みじん切りの野菜を混ぜたりなど固形物に慣れされることが必要です。

 

ただし、離乳食の進み方には個人差がありますので、赤ちゃんの様子をしっかりと見ながら焦らずに進めていくようにしましょう。

 

 

離乳食中期の進め方

離乳食中期の食べ物

離乳食中期には1日に2回、出来るだけ同じ時間に食べさせてあげるのが良いでしょう。朝と昼、もしくや朝と夕方など、大人と同じような時間帯にするとママも用意が若干楽になります。

 

また、2回の食事の間を少なくとも4、5時間ほど取ると赤ちゃんの食が進み、食べ残しなどが少なくなる傾向があります。

 

離乳食中期とは言ってもまだ赤ちゃんは母乳やミルクを欲しがります。離乳食中期の頃でも、赤ちゃんが欲しがるようであれば拒むことなく、母乳やミルクを与えるようにしましょう。この時期に母乳やミルクを与えないと、かえって卒乳の時期が遅れたり、離乳食を食べなくなってしまうといったケースもあります。

 

しかし、離乳食を食べさせる前に母乳やミルクをあげてしまうとお腹が一杯になり離乳食を食べられなくなるので、できるだけ離乳食を食べさせた後に与えるようにしましょう。

 

食材の固さも大切で、あまり固すぎると飲み込めませんので、目安としては豆腐の固さをイメージすると良いでしょう。その位の固さであれば舌と上あごで噛みつぶせます。

 

食べさせる食材はみじん切りが基本であり、最初のうちは2ミリ角くらいの大きさにし、その大きさに慣れてきたら4ミリ角位の大きさに変えていきましょう。

 

離乳食の固さや大きさを変化させるタイミングは赤ちゃんの成長によってバラバラなので、赤ちゃんの食べ具合や進み具合によって変えていく必要があります。

 

一回の食事の量としては5倍から7倍粥を大さじで4、5杯ほど、そしてみじん切りにした野菜やたんぱく質を大さじで2、3杯程度が良いでしょう。

 

 

離乳食中期に与えられる食材は?

野菜をもつ赤ちゃん

離乳食中期では初期に比べて色々な食材を与えることが出来ます。ですが、もちろん何でも与えて良いという訳ではなく離乳食中期に適して食材があります。

 

ここからは離乳食中期に与えられる食材について見ていきましょう。

 

□炭水化物(ごはんやパン)

米やパン類などの炭水化物ですが、米は7倍から8倍粥にして与えるのが一般的です。パン類はアレルギーが無ければ、消化に悪い食パンの耳を取り除いたものを与えましょう。

また、米を粉末状にした米粉も問題ありませんので、米粉を使って、蒸しパンやパンケーキなどおやつを作るといいかもしれません。

 

□炭水化物(麺類)

麺類ですが、こちらも小麦アレルギーが無ければうどん、そうめん、マカロニ、スパゲティなどを柔らかくなるまで茹で、小さく刻んでから与えます。

 

□豆類

大豆などの豆類ですが、大豆アレルギーが無ければ豆腐、きなこ、納豆、高野豆腐、豆乳など与えることが出来ます。

豆腐は加熱して、きなこは風味付け程度にして、納豆と高野豆腐は小さく刻むようにしましょう。

 

□卵

卵はアレルギーが出やすい食材ですので、注意が必要ですが、野菜スープに取れ入れるなど火を通して与えるようにしましょう。

 

□魚類

魚介類で与えて良いのは白身魚だけであり、鯛、ひらめ、たら、鮭、かれいなどです。ただし、塩鮭や塩たらなど、味付けしてある魚は使わずに、生鮭と生たらなど味付けをしていない魚を使う必要があります。

 

□乳製品

乳製品ではプレーンヨーグルト、カッテージチーズ、牛乳などを用いても問題ありません。ですが、プレーンヨーグルトは無糖のものを用いて、カッテージチーズと牛乳はアレルギーに注意する必要があります。

 

□肉類

肉類は、鶏のささみ、鶏の胸肉、鶏のひき肉といった淡白なものにしましょう。

 

□野菜類

野菜類はキュウリ、ほうれん草、大根、にんじん、ブロッコリー、なす、レタス、おくら、じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも、里芋、きゃべつ、かぶ、白菜、小松菜、玉ネギ、トマト、カリフラワー、とうもろこし、サヤインゲン、グリーンピース、アスパラガス、ズッキーニ、などが問題ない食材です。

 

□果物

果物類は、みかん、りんご、桃、いちご、メロン、キウイ、バナナ、梨、すいか、ぶどう、レモンなどが大丈夫です。レモンはそのままよりも風味付け程度で用いるようにしましょう。

 

*離乳食に向いていない食材や調味料

キノコ類や海藻類は離乳食に適さない為、与えないようにします。また、出来るだけ塩や醤油といった調味料は使わず、素材の味だけで食べさせるようにします。

離乳食中期に注意しておくこと

手で食べる赤ちゃん

離乳食の中で最も難しいのは離乳食中期と言われています。離乳食中期になると初期の頃とは違い、すべてを液状にせず固形物を含ませるため、どの位煮たらいいのか、どの位の量を与えればいいかと悩んでしまうママも多いです。

 

離乳食中期に気を付けるべき、調理方法について、ご紹介していきます。

 

おかゆを与える際に注意する点としては、5倍もしくは7倍粥になります。少し粒が残る程度にすることで赤ちゃんも噛み癖がついていき、舌を使う練習になります。

 

離乳食中期になったら急に便秘になった、という声も良く聞きますので、食物繊維の多い野菜類をよく煮て、少しすりつぶしてから与えるなど野菜もメニューに取り入れていきましょう。

 

赤ちゃんが噛むこと、舌の使い方に慣れてきた段階で野菜や豆類などは徐々に大きくしていき、更に噛むことに慣れさせていきましょう。

 

この時期は食べ物に関して興味が強くなります。食べ物を手で握る、お皿のなかに手を入れる、スプーンをママから奪うなど、色んなことをしようとします。

 

その度にママは大変な思いをするかもしれませんが、食べ物、食に対して関心を寄せることは、成長する上でとても大切なプロセスになりますので、おおらかな気持ちで受け入れることが大切です。

 

 

離乳食中期の食べさせ方のポイント

離乳食を与えられている子供

離乳食中期は初期と異なり、食べさせ方にいくつかのポイントがあります。そのポイントを押さえた上で離乳食を与えれば、赤ちゃんも食べやすくなりますし、ママもイライラすることは少なくなるでしょう。

 

ここからは、離乳食中期の食べさせ方のポイントについて見ていきましょう。

 

まず、食べさせ方としては赤ちゃんが口を開けてからスプーンをそっと入れてあげるようにしましょう。食べないからといってスプーンで口元を突くと赤ちゃんは余計口を開けなくなってしまいます。

 

また、離乳食は基本火を通しますが熱いと火傷してしまいますので、十分冷ましてから食べさせるようにしましょう。直前にママが味見して温度を確認すると良いです。

 

お腹が空きすぎてしまうと離乳食は受け入れず、母乳やミルクを欲しがってしまいます。なので、授乳時間よりも前に離乳食を与えるように心がけましょう。

 

赤ちゃんの食が進まない場合、調理に一工夫すると食べるようになることがあります。例えば、野菜スープや出汁、粉ミルクで離乳食を伸ばすことや、刻んだ野菜をおかゆに混ぜるなど食感を変えてみること効果的です。

 

 

おわりに

離乳食中期は、離乳食初期から徐々に食べることに興味を持ち始め、食べるものも固形の食材にチャレンジしていく時期です。また、食べられる食材も増えていく時期ですので、離乳食のレパートリーを増やして、赤ちゃんが離乳食に飽きないように心がけましょう。また、お腹が空きすぎると、ミルクや母乳を欲しがってしまうので、授乳時間よりも前に離乳食を与えるようにするのもポイントです。

recommend