fbpx

私たちが当たり前のように飲んでいる牛乳。赤ちゃんにはどのタイミングであげたら良いかわかりますか?牛乳を与えるにあたり、いくつかの注意点があります。今回は離乳食で牛乳を使うタイミング、進め方、注意点などをまとめていきながら、牛乳を使った便利なレシピなども紹介していきます。

離乳食で牛乳はいつから使っていいの?

赤ちゃん

大人でも飲みすぎるとお腹を下すことがある牛乳。離乳食ではいつから牛乳を使っていいのでしょうか。牛乳を離乳食に取り入れるタイミングが難しい理由としては、牛乳に含まれるタンパク質が挙げられます。赤ちゃんの場合、消化機能が未発達なので、タンパク質を分解する能力が弱く、タンパク質を分解できずにアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があります。

 

そのため、基本的に生後5〜6ヶ月の「離乳食初期」と呼ばれる時期には、牛乳を控えたほうがいいでしょう。初めて牛乳を使うタイミングとしては、生後7〜8ヶ月の「離乳食中期」の頃が適切です。しかし、牛乳をそのまま飲ませてはいけません。しっかりと加熱をし、あくまで離乳食の材料として牛乳を使ってください。また、赤ちゃんによっても個人差がありますので、使い始めは小さじ1杯程度ぐらいから徐々に慣らしていくといいでしょう。牛乳自体はカルシウムが豊富で、赤ちゃんの成長にとっても大切な食材です。使い始める時期を見定めながら、正しい方法で与えていきましょう。

 

 

【離乳食で牛乳を使用する進め方は?】

Best choice

時期としては、先ほどにもあったように、離乳食中期の生後7〜8ヶ月を目安にスタートさせていきます。赤ちゃんが牛乳を嫌いにならないように工夫しながら与えることで、安心して牛乳デビューをすることができます。量としては、小さじ1杯程度の少量から使っていきましょう。この時に牛乳は必ず加熱しておくことを忘れないでください。

 

少量の牛乳を与えた時の赤ちゃんの反応を見ながら、少しずつ量を増やしていきます。このときに、牛乳だけではなく、チーズなどの乳製品を試していくといいでしょう。消化の具合やアレルギーなどに注意していきましょう。飲み物として牛乳を飲めるようになるのは離乳食完了期になります。この時も最初は人肌程度に温めた少量の牛乳から飲ませていきます。ポイントとしては、段階的に進めていくことと、牛乳を与えた時の赤ちゃん表情や仕草などの反応を細かくチェックすることです。

離乳食に牛乳を取り入れる時の注意点

女性

牛乳を離乳食に取り入れていくこと自体は、そこまで難しいことではありませんが、注意が必要となります。詳しい注意点をみていきましょう。

 

1、アレルギー
牛乳をはじめとする乳製品は、消費者庁に指定されているアレルギー発症原因の食品としても知られており、アレルギーに関しては注意が必要です。具体的な症状としては、「じんましん」「湿疹」「下痢」「嘔吐」「呼吸困難」が挙げられます。牛乳を与えた際、赤ちゃんの体調に異変が生じた場合には、すぐに病院にいきましょう。

 

2、牛乳と合わせる食べ物
牛乳と混ぜる食材を、始めて使用する食材と一緒に使わないということです。これは、もしアレルギー症状が出た時に、アレルギーの原因となる食材を特定するのが難しくなるからです。牛乳以外にもアレルギー反応を引き起こす食材はあるので、こういった点にも注意しましょう。

 

3、乳糖不耐症
これは、牛乳に含まれる糖が、体内で消化されずに腸にたまる症状のことをいいます。発症すると下痢や腹痛などを引き起こすため、医師への相談が必要となります。

 

4、牛乳の与えすぎにも注意
牛乳には、カルシウムやタンパク質など、体を作る上で重要な栄養素が含まれていますが、牛乳に含まれるカルシウムは同時に、鉄分の吸収を妨げるということが指摘されています。そのため、牛乳を与えすぎると鉄分不足に陥ってしまう可能性があり、貧血などを引き起こすので注意してください。

 

注意点の多い食材ですが、1つ1つ意識して進めていけばそれほど手間もかからず問題ありません。赤ちゃんの健康のためにもしっかりと頭に入れておきましょう。

 

 

【牛乳を使ったおすすめ離乳食レシピ】

Blank vintage recipe cooking book and utensils

牛乳の始め方や進め方などはご説明致しましたが、では、具体的に牛乳をどのように使って離乳食を作ればいいのでしょうか。ここでは、離乳食の時期ごとに合わせて、牛乳を使ったおすすめのレシピを紹介していきます。

 

①離乳食 中期
離乳食中期は、ペースト状の離乳食から、徐々に舌で潰せる程度の硬さのものを食べられるようになっていきます。時期を見定めながら、徐々にステップアップしていきましょう。

 

【リンゴ入りミルクパン粥】
(材料)
食パン1/2枚、ミルク50ml、リンゴ20g

 

(作り方)
①食パンの耳を切り、1cm角に切ります。リンゴは5mm角に切ります
②材料を鍋に入れ、リンゴが柔らかくなるまで煮れば完成です

 

 

②離乳食 後期
離乳食後期では、小さな食材を噛んで食べることができるようになる時期でもあります。牛乳を取り入れながら、バリエーション豊かな離乳食を作っていきましょう。

 

【かぼちゃのミルクスープ】
(材料)
かぼちゃ10g、にんじん5g、玉ねぎ10g、オクラ1本、牛乳50ml、かつお昆布だし100ml、味噌0.5g

 

(作り方)
①オクラの種をとってみじん切り、その他の材料は5mm程度に角切りにします
②かつお昆布だしで、にんじん・かぼちゃ・玉ねぎを煮ます
③材料が柔らかくなったら、オクラを加えます
④煮汁が半分ぐらいに減ったら、牛乳と味噌を加えて一煮立ちさせれば完成です。

 

上記はほんの一部のレシピですが、色々なレシピを試しながら、赤ちゃんに栄養豊富な食事を与えていきましょう。

 

 

【終わりに】
いかがでしたでしょうか。離乳食で牛乳を使い始めるには、注意点が沢山ありましたが、ポイントに注意していけば簡単に取り入れることができます。牛乳は栄養豊富なので、ご紹介したレシピを参考に、ぜひおいしい離乳食を作ってみてくださいね。

recommend