fbpx

離乳食を初めて作るママにとって「離乳食に味付けをして良いのか?」「どれくらいの濃さまで付けて良いのか?」様々な疑問が出てきますよね。
今回は、離乳食の味付けに関するあれこれをまとめました。いつから始めればいいのか、注意点や使える調味料なども紹介していきますので、参考にしてみてください。

離乳食に味付けは必要?

what to do?

離乳食の時期は、初期、中期、後期、完了期に分かれます。基本的には薄味が良いとされている離乳食ですが、そもそも「離乳食に味付けは必要なのか」という問題から考えていかなければなりません。どうしても「味付けをしないと、赤ちゃんが食べてくれないかもしれない」と不安に思ってしまうこともあるでしょう。

基本的な考え方として、初期の離乳食に味付けは必要ありません。大人が食べるような味の濃い食べ物は、赤ちゃんにとっては刺激が強く、消化器官が発達していない赤ちゃんの体に負担をかけてしまいます。生後5〜6ヶ月の離乳食初期と呼ばれる段階では、素材に含まれている味で十分ですので、味付けの必要はありません。

 

 

【離乳食の味付けはいつからOK?】

AdobeStock_225261584

離乳食は赤ちゃんの成長に応じて変化していきます。離乳食の味付けについても同様です。先ほども述べたように、生後5〜6ヶ月の離乳食前期では、味付けは必要ありません。味付けを開始しても可能なのは、生後7〜8ヶ月の離乳食中期以降となります。

しかし、味付けをするといっても、基本的には薄味です。赤ちゃんはまだ消化器官が未発達なので、過度な味付けは内臓に負担をかけてしまいます。味付けを開始する際には、必要最小限を意識しながら、最初はひとつまみ程度から始めていきます。1才以降でも、薄味は変わりません。大人が食べる味付けを2〜3倍を目安に薄めた味付けを行なってください。

 

これが基本的な目安となります。もちろん赤ちゃんにも個人差がありますので、離乳食を与えながら、赤ちゃんの反応をしっかりと観察することが重要です。

離乳食を味付けするときのポイントや注意点

vegetable or fruit puree or baby food in spoons

離乳食の味付けは、バリエーションを増やすことができるので、赤ちゃんが飽きないように工夫することができます。しかし、離乳食を味付けするときには、いくつかのポイントや注意点があるので、ここでご紹介していきます。

 

①離乳食の味付けの注意点
繰り返しになりますが「薄味」であることは基本です。その他にも刺激のあるような調味料は使わないようにしましょう。例えば、カレールーや香辛料などです。

さらに、赤ちゃんにとってよくないものは、はちみつや黒糖です。はちみつや黒糖には、ボツリヌス菌が含まれており、消化器官が発達していない赤ちゃんの腸内に入ってしまうと、感染症や呼吸困難、呼吸停止に至ることもあります。
母子健康手帳にも明記されていますので、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつや黒糖は与えないように注意しましょう。

 

②離乳食の味付けのポイント
味付けというと、どうしても調味料をイメージしてしまいますが、調味料を使わなくても離乳食に味を付けることは可能です。例えば、かつおや昆布といった出汁には、旨味がたくさん含まれています。その出汁を使うだけで、十分に離乳食の味付けをすることができます。また、味に変化を出したい場合は、野菜や鳥から出汁をとるのもおすすめです。

調味料以外で、離乳食の味付けとして使える食材は、きな粉、トマトジュース、チーズ、コーンクリーム、牛乳(豆乳)、青のり、バナナ、ヨーグルトなどがあげられます。

それぞれ時期や量に注意しながら使っていけば、調味料なしでも離乳食に豊かな味わいを加えることができます。

 

 

【離乳食の味付けに使える調味料とは】

香辛料、調味料、スパイス

最後に離乳食の味付けに使える調味料を紹介していきます。調味料を全く使ってはいけない訳ではないので、量に気をつけながら使用してください。調味料によって、与え始める時期や量などが異なるので、それぞれ知っておくようにしましょう。

調味料選びにも気を使ってください。基本的には無添加のものを使用したり、原材料にアレルギーの可能性のあるものが使われていないかなどをチェックしていくといいでしょう。

 

①白砂糖
赤ちゃんは基本的に甘みを持つ食べ物を好みます。バナナなどでも甘みを感じることはできますが、素材の持つ甘みを意識しながら、必要最小限であれば使ってもいいでしょう。与える時期としては、生後6ヶ月以降を目安に少しずつ加えていきます。

 

②食塩
塩分は使いすぎると、赤ちゃんにとって負担が大きくなってしまう調味料です。素材自体に塩分が含まれていることが多いので、食塩を使用する場合は注意が必要です。使い始めも生後7ヶ月ぐらいを目安に、ごく少量を意識して与えていきましょう。

 

③醤油
食塩と同様に、醤油も塩分が含まれますので、使いすぎには要注意です。食塩と同じような使い方を意識してください。使うにしてもごく少量で、味に影響を与えないぐらいで充分です。

 

④酢
酢自体は赤ちゃんにとって問題のない調味料ではありますが、酢の持つ酸味は、赤ちゃんにとっては嫌な味でもあります。無理に使う必要はないので、赤ちゃんの好みや反応に合わせて使っていくといいでしょう。こちらは生後6ヶ月ごろから使い始めても大丈夫です。

 

⑤みりん・酒
みりんや調理酒などには少量のアルコール分が含まれていることもあるので、使用する際には、加熱をして、アルコール分を完全に飛ばしてから使うようにしましょう。また、みりんには塩分が含まれているので、使用量にも注意が必要です。生後7ヶ月ごろを目安に少しずつ使っていきます。

 

⑥みそ
みそも離乳食の味付けに使うことができます。しかし、こちらも塩分を含みますので、使うときにはかなり薄めてから入れるようにしましょう。使う時期としては、生後9ヶ月ぐらいが目安となります。

 

⑦バター
バターは生後6ヶ月ごろから使うことができます。しかし、塩分が含まれているものもあるので、できるだけ無塩バターを選ぶようにしましょう。使うにしても少量がおすすめです。また、マーガリンはトランス脂肪酸を含むため、赤ちゃんに使うのは控えましょう。

 

⑧マヨネーズ
マヨネーズは原料に卵が含まれるので、1才未満の赤ちゃんに与えるときにはしっかりと加熱をしましょう。使い始めは生後8ヶ月ぐらいを目安にします。基本的に味が濃いので、ごく少量がおすすめです。

 

 

【まとめ】
離乳食の味付けについてまとめていきました。できるだけ赤ちゃんには色々な味を体験させてあげたいものですが、調味料の使い始めや使い方には注意が必要です。ごく少量、薄味を守りながら離乳食のマンネリ化を防げば、赤ちゃんの味覚も育ち、喜んで食べてくれるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

recommend