fbpx

赤ちゃんは生まれてから母乳やミルクを栄養源として成長していきます。愛情たっぷりの、ママから与えられる母乳やミルクから栄養をもらうだけでなく、赤ちゃんとママの絆を強めるものとなってきたかと思います。

しかし、赤ちゃんが成長するにつれ母乳やミルクだけでは成長に必要なミネラルやビタミン、たんぱく質や炭水化物などの栄養素が補えなくなってきます。そこで離乳食への切り替えが必要になります。

 

では離乳食はいつから取り入れていけばいいのでしょうか。離乳食初期に食べられる食材や注意しておくべきこととはどんなことなのでしょうか。今回は離乳食を始めるときに気にすべきことをまとめていきます。

離乳食初期はいつ頃?

離乳食初期は生後5,6ヶ月ごろから開始するのが望ましいと言われています。だいたいこの頃には赤ちゃんの首がすわり、支えがあれば座ることができるようになっています。

 

生後5.6カ月頃という月齢はあくまでも目安と考えてください。赤ちゃんの発育状態はそれぞれ異なりますし、急いで離乳食を始めると消化機能が未発達な赤ちゃんは下痢や、食事への興味がなくなることもあるので離乳食を始めるタイミングはとても大切です。

 

赤ちゃんによってはこの時期に歯が生えてくる子もいますが噛むことはまだできません。また吸うことはできますが、舌で食べ物をつぶして喉の奥に送り飲みこむことはできないので離乳食初期に約1ヵ月の時間をかけてこの訓練を行います。

 

離乳食を始めるタイミングとは

赤ちゃんが食事に興味を示すようになったり大人を真似て口をもぐもぐ動かすような仕草を始めたら、離乳食を始めるタイミングです。

 

赤ちゃんは生まれて初めて食事を食べるので、初めて離乳食を口にした赤ちゃんはびっくりしたり嫌がることがあります。もし嫌がるなら無理強いせず、赤ちゃんの機嫌が良い時にもう一度挑戦してみると良いでしょう。

 

ママも赤ちゃんも焦る必要はありません。

ゆったりした気持ちで楽しい雰囲気を作りながら、食事が楽しい時間であると赤ちゃんが感じられるようにしていきましょう。

 

離乳食初期に使える食材は?

【1週目】

1週目は人肌くらいの温かさにしたとろとろ状のおかゆから始めましょう。

1、2日目は1さじ、3、4日目は2さじ、5~7日目は3さじと赤ちゃんの様子を見ながら徐々に量を増やして与えるようにしてみましょう。

その時の赤ちゃんの気分や体調で、途中で食べるのを嫌がり、全部食べきれないことがありますが、あまり気にしないでください。

 

【2週目】

2週目は同じようにペースト状にした野菜を1さじ、おかゆ3さじという感じで試してみましょう。このときに使う野菜はにんじん、かぼちゃ、ほうれん草、じゃがいも、だいこん、カブなどがよく使われます。

にんじん、だいこん、カブなどはすりおろしてから電子レンジにかけ、ほうれん草、かぼちゃ、じゃがいもなどは茹でてからすり鉢ですりおろして与えるようにしましょう。使用する野菜は旬のものを活用すれば安くて栄養価の高い食事を与えることができます。

 

【3週目】

3週目は豆腐などのたんぱく質を与えてみましょう。このときも赤ちゃん用のスプーン1さじから始めます。大豆アレルギーの子もいるので、大豆を離乳食に取り入れるのはできるだけ朝食にし、食後の赤ちゃんの様子をよく観察するようにしましょう。

 

【4週目】

4週目は白身魚に挑戦してみましょう。赤みの魚や肉は消化に時間がかかるので離乳食に慣れてきてから与えるようにしましょう。

赤ちゃんが離乳食に慣れてきたら離乳食の回数を1日2回に増やしていきましょう。このくらいの時期になるとママも離乳食になれて色々な素材の食べ物を赤ちゃんに与えたくなります。

 

しかし、突然食感が変わると赤ちゃんが拒絶することもあります。離乳食の2回に1回は食べ慣れたものを与えるようにし変化を一度に与えないように気をつけましょう。それほど神経質になる必要はありませんが、炭水化物、たんぱく質、ビタミンやミネラルという三大栄養素をバランスよく摂取させることを心がけると良いです。

離乳食初期に食べられる食材や注意しておくべきこととは?

離乳食初期に注意しておくこと

・離乳食は午前中に

離乳食を始めた頃は赤ちゃんが何にアレルギーを示すのかわかりません。そのため離乳食を与える時間帯は午前中にし、食後の観察を怠らないようにしましょう。そうすれば、万が一食後に具合が悪くなってもすぐに病院へ連れて行くことができます。

1ヵ月程経って慣れてきたら午前、午後の2回に分けて離乳食を与えるようにしていきましょう。

 

・離乳食の時間帯

離乳食を与える時間帯を決めておきましょう。そうすれば赤ちゃんに生活リズムを身につけさせることができます。これも無理のない範囲で行うとストレスなく続けられます。

 

・離乳食初期は味を足さず素材の味を楽しんで

まだ味覚が発達していない赤ちゃんは刺激に敏感です。基本的に離乳食初期は油や塩分、糖類などの調味料を使って味付けをせず、素材の味を覚えさせましょう。風味をつけるために野菜でとったスープやだしを活用することができます。

 

離乳食初期の食べさせ方のポイント

いざ赤ちゃんに離乳食を食べさせるとなると少し緊張すると思います。まずはリラックスして赤ちゃんと一緒に食事の時間を楽しむよう心がけてください。離乳食を与えるときに使うスプーンは赤ちゃん用のスプーンを使い、舌あたりが優しいもの、形が平らで浅いものを選びましょう。スプーンのへこみが深いものだと食べ物が残ってしまい、舌を上手く使えない赤ちゃんは舌で食べ物をすくい取ることができません。

 

離乳食初期の食べさせ方のポイントはいくつかありますので、ひとつひとつ紹介していきます。

 

・スプーンの先端を使う

スプーンの先端部分に食べ物をすくい、赤ちゃんの下唇に軽くのせるようにすると赤ちゃんが上唇を開けるようになります。上唇を使って食べ物を口の中に取り入れるようにし口を閉じるようにさせます。このときに「あーん」と声かけしながら与えるようにすると、「あーん」という言葉を聞くと口を開けることを覚えてスムーズに食事をとるようになります。

 

・スプーンはやさしく引き抜く

口に入ったことを確認し、スプーンを水平にやさしくゆっくり引き抜くようにしましょう。

 

・スプーンは上あごや上唇に押し付けない、口の奥に入れない

大人でもスプーンを上あごや上唇に押し当てられると不快に感じると思います。

赤ちゃんも同じで、特に離乳食初期は上唇を使って食べ物を取り入れ、舌で喉の奥に食べ物を移動させ飲み込む練習をしています。

 

その練習の効果を上げるためにもスプーンを置いてあげる場所は重要です。またスプーンを口の奥に入れるとうまく舌を動かせなくなるのでこれも練習の妨げになってしまいます。同時に赤ちゃんに食事に対してマイナスのイメージを植え付ける結果になる可能性があるので注意しましょう。

 

終わりに

初めて離乳食を作るとこんな少量のご飯を作ったことがないのでこれを毎日作るのかと面倒に感じたり、栄養バランスの取れた食事をちゃんと与えることができるか不安に感じるかもしれません。しかしこれも赤ちゃんが成長する上で欠かせないステップです。

 

また赤ちゃんと一緒にママとしても成長できる機会と考えるならやる気も沸いてくるかと思います。

 

離乳食を開始する時期やタイミングも赤ちゃんそれぞれによって違います。

焦らず赤ちゃんと一緒にできることが一つ増えたと考えて楽しめると良いですね。

recommend