fbpx

現代人は、仕事で毎日パソコンに向かっている方、スマホやタブレットを長時間見続けて、目を酷使している方が多いです。

そのため、疲れ目や体のだるさ、頭や肩が痛いといった症状に悩む人が急増しています。

人間は脳に送られる情報の約80%は視覚から得ているので、目の疲れは脳の疲れにも繋がります。

 

そこで今回は、目の疲れを解消するにはどう対処すれば良いのか、疲れ目の症状や原因も合わせてみていきましょう。

目が疲れているときの症状

「疲れ目」は、目のまわりにある外眼筋とよばれる

筋肉が疲れて、目が重い、ショボショボする、目が痛む、かすむ、充血といった症状が起こります。

 

パソコンやスマホなどの画面をずっと見続けていると、眼球は長時間同じ位置で動きがない状態が続くので、筋肉疲労を引き起こすのです。

 

同じ距離で目のピントを合わせたままの状態が長時間続くと、それ以外の距離に合わせづらくなり、ぼやけたりかすんで見えるようになります。

そして、目を酷使することで首、肩などの筋肉や神経に負担をかけるので、肩こりも引き起こしやすくなります。

 

疲れ目が続くと、自律神経のバランスが乱れて涙の分泌が上手く機能せずドライアイに傾いていきます。

目の奥には脳があるので、脳の方まで疲れが伝わって脳疲労になったり、慢性的な肩こりや頭痛を引き起こすので注意が必要です。

 

目が疲れる・ぼやける・かすむ、目が痛い、充血する、目が重い・しょぼしょぼするといった目の疲れを放置していると、眼精疲労に悪化してしまいます。

 

目の疲れは目を休めたり睡眠を取れば治りますが、眼精疲労の場合は症状が頑固に続いてなかなか治らないので、眼科で診察を受けることが大切です。

 

眼精疲労は目の病気や身体の病気が関係している可能性もあるので、早めに受診しましょう。

 

目の疲れの原因

インターネットの普及が進み、バソコンやスマホ、タブレットの画面を長時間見続けることによる目の疲れが最も多いです。

 

パソコンやスマホの液晶画面を見続けるとまばたきの回数が減ってしまうので、ドライアイを引き起こします。

 

ドライアイになると、眼球の表面にある角膜や結膜が乾燥して目がかすんだりショボショボして見えにくくなります。

 

他にも、視力が悪くメガネやコンタクトレンズの度数が合っていない場合も目の疲れの原因になります。

度数が合っていないと目を凝らしてみるようになり、目が疲れて首筋や肩こりにも繋がります。

 

40代半ばから60歳になると、老眼による目の疲れ、緑内障・白内障・眼位異常といった目の病気による疲れも多くなります。

 

目の疲れに効く栄養、食事とは

日頃からバソコンやスマホの液晶画面をよく見る方は目の疲れに効果的な栄養、食事を摂取しましょう。

 

年齢と共に、目の老化の進行は止めることができませんが、目に良い栄養素を積極的に摂取すれば、疲れ目を予防することはできます。

 

目の健康に役立つ栄養素が豊富に配合されている栄養素、食材は下記になります。

 

①ブルーベリー

目に良い食べ物といえばブルーベリーを思い浮かべるほど有名です。

ブルーベリーの青紫色の部分に含まれる「アントシアニン」とよばれる色素は目の健康に効果的です。

人間の網膜にある「ロドブシン」は、目の疲れにより減少しますが、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」は「ロドブシン」の再合成を活性化するのです。

ブルーベリーのジャムを常備しておけば、パンやヨーグルトに付けて手軽に食べられるのでおすすめです。

 

②ビルベリー

ビルベリーはブルーベリーよりも3倍多くのアントシアニンを含んでいます。

日本ではあまり生のままでは販売されていないのでサプリメントなどで摂ると良いですね。

 

③ぶどう

ぶどうに含まれるアントシアニンは赤や紫、青などの色素成分があり、皮ごと摂取すると良いでしょう。

 

④黒酢

黒酢を摂取すると血行が良くなり、目の周りにある細い血管へ新鮮な血液が運ばれるようになります。

黒酢が入った料理やサプリメントを摂取すると血液がサラサラになり、疲れ目、肩こり、神経痛の改善に役立ちます。

 

⑤青魚

青魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)は視力向上に役立つことが分かっています。

青魚を食べると、毛細血管の血流が促進されるだけでなく、血液中の脂肪や中性脂肪やコレステロール値の抑制にも作用します。

 

⑥ニンニク

ニンニクに含まれるビタミンB1は、血管を広げて血行を促進して、目の疲れと疲労回復、肩こり、神経痛の改善に期待できす。

 

⑦ルテイン

緑黄色野菜にはルテインが豊富に含まれており、目の表面にある網膜の機能を保ち、白内障のリスクを軽減します。

緑黄色野菜は目の健康に良いビタミンB2、ビタミンA(β-カロテン)を多く含むため、ブロッコリー、モロヘイヤ、ほうれん草を意識して摂取しましょう。

 

⑧黒豆

黒豆にはアントシアニンが多く含まれており目の疲れの回復に役立ちます。

小豆にもアントシアニンが多く含まれているので目の疲れが気になる方におすすめです。

 

⑨レバー

レバーはビタミンAを多く含み、目の粘膜の保護や修正に役立ちます。

ビタミンAは目の疲れを解消するロドプシンの再合成を促す作用もあります。

 

⑩にんじん

にんじんにはβ-カロテンを多く含み、β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAへと変換されます。

ビタミンAは目の粘膜の保護や修正に役立ちますので、目の疲れを予防するために意識して摂取しましょう。

目の疲れを解消させる方法は?疲れの原因や症状もチェック

目の疲れ解消法を一挙紹介!

ここからは目の疲れを解消する方法をご紹介します。

目の健康に良い食材を摂取する他にも、目が疲れにくい環境を整えることが大切です。

 

<メガネやコンタクトレンズを着用している人は度数チェック>

メガネやコンタクトレンズの度数があっていない場合は、疲れ目を引き起こしやすくなります。

老眼の方は、状況に合わせて近用メガネ、遠近用メガネなどを使い分けるのも有効です。

 

<照明を調整>

パソコンに長時間向かうときは、照明の明るさを調整しましょう。

画面よりも暗い部屋で使用したり窓からの光が画面に反射すると、目が疲れやすくなるので光を調整します。

 

電球が画面に反射してしまう場合は、画面にフィルターを取り付けると画面への乱反射を予防できます。

パソコン作業時は1時間ごとに5分間目を休ませて、連続して長時間の使用は避けるようにしてください。

 

<パソコン使用時の姿勢を正す>

一生懸命タイピングをしていると、前屈みの姿勢になり肩・首に負担がかかります。

目を大きく開いているので目の乾燥み、ドライアイも進行してしまいます。

 

パソコン使用時の姿勢を正して、画面との適切な距離を保ちましょう。

意識的にまばたきの回数を増やしたり目薬を使用して目を目の疲れを予防しましょう。

 

<室内の湿度の調節>

オフィスはエアコンや暖房が聴いているので空調が乾燥しがちです。

特に冬は室内の空気が乾燥しやすく、涙が蒸発してドライアイを引き起こしやすくなります。

 

できればオフィスでは加湿器を使い、室内の湿度の調節をすると目の疲れを予防できます。

 

<温冷ケアで目の疲れを取る>

仕事でパソコンを長時間使う人は、一日の終わりに目の疲れを取るケアをしましょう。

 

目の周囲はホットタオル(電子レンジで温めたタオル)を当てて目の筋肉をほぐし、冷えたタオルを交互に当てると血行が良くなり目の疲れが和らぎます。

 

<眼精疲労は早めに医療機関へ>

目の疲れは一晩寝ると改善されますが、眼精疲労は目の疲れが長く続き、目の病気の原因となります。

 

眼精疲労の場合は、早めに専門の医療機関を受診して細胞の新陳代謝を助けるビタミン剤などで治療しましょう。

ドライアイや緑内障、白内障など目の病気も早めの治療が大切です。

 

終わりに

今回は、目の疲れの症状、原因、目の健康に役立つ食材、対処法をご紹介しました。

 

日頃から食事や環境を整えていれば、事前に目の疲れを予防することができます。

パソコンやスマホの液晶画面を見るときは部屋を明るくして目に負担をかけないように意識しましょう。また、デスクに座るときの姿勢、部屋の湿度を保つこと、液晶画面との距離を適度に保ちましょう。

recommend