fbpx

睡眠をとっても疲れが回復しない…、食欲がなくなってきたと感じたら、肝機能が低下している可能性があります。

 

肝臓は摂取した食べ物を体に必要な物質へ作り変えてくれる大切な臓器です。

しかし、肝臓機能が低下すると体全体に不調が現れ、悪化すると肝障害や脂肪肝といった病気を引き起こすので注意が必要です。

 

そこで今回は、肝臓と疲労の関係、肝臓の機能を正常に近づける対策法をご紹介しましょう。

これを最後まで読めば、肝臓の働きがわかり、疲れが取れるようになりますので参考にしてみてください。

肝臓の役割とは

肝臓は右わき腹の肋骨内側あたりに位置していて、人間の体の中で最も大きな臓器です。

成人の肝臓の重さは約1.5kgあり、肝臓の一部が疲れていても、しっかり機能する強い臓器なのです。

 

肝臓の役割は主に3つあり、生命活動を行うのに不可欠で大切な働きをしています。

 

1つ目は、摂取した食べ物の栄養素を利用しやすい物質に変える代謝機能、2つ目はアルコールなどの有害物質を解毒する作用、3つ目は血中のコレステロール値を抑える胆汁の生成と分泌です。

それでは、肝臓のそれぞれの機能を詳しくみていきましょう。

 

<肝臓の代謝機能>

私達が摂取した食べ物に含まれるビタミンや鉄分などの栄養素は、一旦肝臓や胃腸で分解されて、体が利用しやすい物質に変えられて貯蔵されます。

 

食べ物に含まれる栄養素を体が利用しやすい物質に分解したり合成することを「代謝」と言います。肝臓で分解された物質は血液と一緒に全身の器官や臓器に送り出されるのです。

 

肝臓が元気であれば、体の中で多くのエネルギーが作り出されて健康に過ごすことができます。

しかし、アルコールを飲み過ぎたり、糖尿病、肥満になり肝臓の機能が低下すると、代謝の異常が現れて体に不調が現れます。

 

<肝臓の解毒・分解作用>

肝臓といえばアルコールを分解してくれるイメージがありますよね。

実は、アルコールだけでなく、食べ物に含まれる化学物質や薬剤といった有害な物質を、毒性の低い物質に変える「解毒・分解」の役割があります。

 

健康な人は、肝臓の働きにより解毒された物質は無毒化されて、尿と一緒に体外へ排出されます。しかし、アルコール、アンモニア、薬物などを摂取し過ぎた場合、肝臓に負担がかかって上手く解毒できずに有害物質が体内に溜まってしまいます。

 

肝機能が低下すると血液中にアンモニアが増えて、脳の障害を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

<食べ物の消化に必要な胆汁の生成と分泌>

肝臓は食べ物の消化に必要な消化酵素を作り、胆汁の合成・分泌をします。

 

胆汁は脂肪の乳化、タンパク質を分解しやすくする働きがあり、肝臓の中で常に分泌されています。胆汁により血中のコレステロール値を調整して、不要なものを体外に排出したり、脂質の消化吸収を助けているのです。

 

肝臓機能が低下すると胆汁の流れが悪くなり、血液中にビリルビンという色素が増えて、白目や皮膚が黄色くなる黄疸という症状が引き起こります。

 

肝臓の機能低下の症状とは

最近、寝ても疲れが取れない…、食欲がなくなったと感じたら肝臓機能が低下している可能性があります。

 

以下の症状が現れたら、肝臓の機能を正常に近づける必要があります。

 

▼肝臓機能が低下すると起こる症状

 

・いつもよりお酒を美味しく感じなくなった

・食欲が低下している

・疲れやすい

・揚げ物や油っぽいものは食べたくない

・足がむくんだりお腹が張っている

・全身倦怠感・嘔吐・嘔気がある

 

アルコールの飲み過ぎは肝臓への負担が高く、様々な肝臓病の原因となります。

アルコールを飲み過ぎると肝機能が低下して、肝臓内に中性脂肪がたまり、脂肪肝などの様々な病気を引き起こす原因になります。

 

中高年齢になると、内臓肥満による高血圧が原因で肝機能低下を引き起こすこともあります。
肝臓はよく沈黙の臓器と呼ばれるほど自覚症状が出ないので、定期的に健康診断を受けることが大切です。

 

肝臓が疲労にどう影響する?

睡眠を取っても疲労が回復しない場合は、肝臓が疲れ切っているサインです。

本来は、肝臓によって体に溜まった老廃物は解毒・分解されて体外へ排出されていきます。

 

しかし、肝臓機能が低下すると体にとって不要なものが体内に溜まり、体内で効率よくエネルギーが作り出せなくなるのです。

 

体内に有害物質が溜まり、体の構成や活動に必要なタンパク質や脂質を作り出せず疲労の原因となります。

 

この疲労は肝臓に原因があった?肝臓と身体の関係とは

肝臓の疲れ対策

肝臓の疲れを改善するには栄養バランスの良い食生活を心がけて、生活習慣を整えることが大切です。

肝臓をいたわるためにアルコールは控えて、野菜中心の食事、適度な運動、良質な睡眠を意識しましょう。

 

日頃から食べ過ぎている人は、腹八分目程度の食事量を意識して、肝臓に負担がかからないようにします。

細胞の再生には良質なタンパク質が必要なので必須アミノ酸を十分に含む肉・魚・大豆製品・卵を積極的に摂取しましょう。

 

過度なダイエットや偏った食事は肝機能に影響するので1日3食、主食・主菜・副菜の栄養バランスがよい食事を摂るようにしてください。

 

<疲労感による肝臓回復に役立つ食材>

肝臓機能が低下していると解毒・分解機能がうまく働かずに老廃物が溜まってしまいます。

 

体内に不要な老廃物が溜まってしまうので疲れやすくなり、どんなに寝ても疲労感が残ってしまうのです。

 

ここからは、肝臓の機能を回復させて疲労回復に役立つ食材をみていきましょう。

 

①イカ、貝類、魚

 

イカ、貝類、魚には、肝臓の細胞の回復を促進させる「タウリン」が豊富に配合されています。

 

栄養ドリンクでもおなじみの「タウリン」を自然の食品から摂取しましょう。

②ささみ、魚、大豆

 

ささみ、魚、大豆には良質なアミノ酸とタンパク質が含まれていて肝臓機能を向上させます。

 

③青魚、くるみ、えごま油

青魚、くるみ、えごま油には、肝臓の負担になるコレステロールを排出させるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

 

④果物、野菜

 

スイカやメロンなどの果物や野菜にはミネラルのカリウムが多く含まれており体の水分調整や老廃物の排出に役立ちます。

 

⑤くるみ、ゴマ

くるみやゴマは血液の流れを良くして老廃物の排出を促すため、肝臓機能アップに期待できます。

 

⑥山芋、ごぼう、レンコン

 

根菜や芋類にはカリウムと食物繊維が多く含まれており、動物性の老廃物を排出するのを促します。

 

<疲労感が続いたら医療機関へ>

仕事や家庭で多くのストレスを抱えている人は、自律神経が乱れやすく、肝臓にも影響を与えます。

 

疲労感がひどい時は、ぬるめのお湯で10分程度の入浴をすると体がリラックスして、自律神経のバランスが良くなります。

 

風邪を引くと、一時的に肝機能の低下が起こるので、日頃から十分な手洗いやうがいをして風邪予防することも大切です。

 

肝臓の疲労は単なる疲れと勘違いされることが多いですが、疲労感が長く続いたら、医療機関を受診することをおすすめします。

 

終わりに

今回は、肝臓と疲労の関係、肝臓の機能を正常に近づける対策法をご紹介しました。

 

休みの日にどんなに多く寝ても疲れがとれない…と感じている方は、肝臓機能が低下している可能性があります。

 

飲み過ぎやストレスにより肝臓機能が低下すると体全体に不調が現れます。

肝臓の疲れが肝障害や脂肪肝といった病気に悪化する前に早めの対処が必要です。

 

日頃から栄養バランスの良い食生活と飲み過ぎ・食べ過ぎを避けて、適度な運動と良質な睡眠を心がけて生活習慣を見直していきましょう。

recommend