fbpx

「妊娠体質」ってご存じですか?

妊活に興味がある人や、現在妊活中の人は聞いたことがあるかもしれません。

 

では、一体妊娠体質とは何でしょうか?

また、体質を変えることは可能であるか、妊娠体質に必要な栄養素、食べ方はどうしたらいいのでしょうか?

 

今回はこのような妊娠体質になるためにはどのようなことが必要なのかを紹介していきたいと思います。

妊娠しやすい体質とは?

ハートマーク妊娠体質とは、「妊娠しやすい体質」のことです。

心身ともに健康で、排卵日前後に性交渉すると妊娠しやすい体質のことを指します。

 

妊娠体質の人の特徴は、年齢が34歳以下で、健康体、生理周期が安定しているという点があります。

また、ストレスなどをうまく発散でき、定期的に運動を取り入れている人は妊娠しやすい人と言われています。

 

一般的な妊娠適齢期は20~34歳といわれていて、より妊娠しやすい期間といえます。

健康体とは睡眠や栄養、運動などのバランスがとれている状態です。

生理周期が不安定だと排卵日が特定しにくく妊娠しにくいといわれています。

生理不順は排卵障害、子宮内膜が成長していないなどの原因がありますので、産婦人科を受診しましょう。

 

ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌バランスが崩れやすくなるので、適度に運動をとりいれストレス発散するようにしましょう。

また運動することで血行促進し、冷え性の改善にもつながります。

 

もし、これらの妊娠体質に当てはまらないと思ってもがっかりしないでください。

妊娠しにくい体質でも、体質改善することは可能です。

 

例えば、冷え性の人は、下半身浴を取り入れ、定期的に運動するように心がけましょう。

冷えは生殖機能を低下させ、子宮周りの血流循環が悪くなり、その結果妊娠しにくくなったり、妊娠しても流産してしまうといわれています。

また子宮内膜症や子宮筋腫、着床障害や不育症などの原因にも冷えが考えられます。

冷え性は手首、足首、首の辺りを温めることにより冷え性の対策できます。

手首や足首は体の末端なのでこれらの部位を温めることで身体全体を温める事ができます。

首の周りの皮膚は薄く、冷えを感じやすい部分です。ここを温めることで体感温度を3~4度上げることができると言われています。

 

冷たい飲み物は身体を冷やすので避け、積極的に温かい飲み物を取り入れ体温を保持するようにしましょう。

 

特に普段取り入れている食事によって妊娠しやすい体質に改善できます。

基本的に大事なのが、一日三食きちんと、できるだけ決まった時間に食事することです。

特に朝食が大切です。

もし朝食を抜くと、次に食事をするときに血糖が上がりやすくなり、肥満や糖尿病のリスクが高くなります。また朝食は胃腸を刺激し、ホルモンバランスを調整します。

忙しいからトーストとコーヒーだけと簡単に済ませる人がいますがそれだけでは栄養が取れません。

栄養バランスを考え、野菜や卵、肉、魚などのたんぱく質や果物などを摂るようにしましょう。

 

現代の日本人は炭水化物を過剰摂取していると言われています。

しかしその反面、栄養不足であるとも言われ、バランスよく食事が取れていない人が多いようです。

食べておなかを満たすだけでは体質改善はできません。

 

特に妊活中、妊娠中に摂らなければならない栄養素も把握しておきましょう。

以下の記事では、妊娠体質に必要な栄養素についてお伝えします。

妊娠体質に欠かせない栄養素

・妊娠体質に欠かせない栄養素「鉄」

あさり

まず、妊娠体質に欠かせない栄養素は鉄分です。

 

鉄分は赤血球を作るのに必要な栄養素で、赤血球は身体全体に酸素と栄養を運びます。

赤血球が減ると酸素や栄養が行き渡らず、卵巣や子宮の働きが鈍くなってしまいます。

また鉄分には体内で発生する活性酸素を除去する働きや子宮粘膜を作る働きがあります。

もし鉄分が不足するなら鉄欠乏性貧血、たちくらみ、めまいだけでなく、運動機能や認知機能が低下すると言われています。

 

妊娠中は赤ちゃんの分まで血液を作らなければならないので貧血になりやすくなります。

もし鉄分が不足するなら貧血、たちくらみ、めまい、運動機能や認知機能が低下すると言われています。

妊娠中記憶力が低下すると聞きますが、これは鉄分不足によるものなんですね。

 

妊活中から意識的に鉄分を多く含む食べ物を摂取することで妊娠体質になりやすくなります。

鉄分を多く含む食べ物として代表的なのが、あさりやレバー、小松菜、大豆製品、いんげんなどがあります。

鉄分は二種類あり、ヘム鉄と非ヘム鉄に分かれています。

ヘム鉄は体内に吸収されやすく、肉や魚、レバーなどの動物性食品に多く含まれます。

一方非ヘム鉄は体内に吸収されにくく、ほうれん草や小松菜、いんげん、ひじき、あさりなどに多く含まれます。

注意しておきたい点として、鉄分の過剰摂取は亜鉛を吸収しにくくするので適度に取り入れるようにしましょう。

 

また鉄分を多く含む食事と摂るときはたんぱく質やビタミンC、酢など酸性のものと一緒に摂取することで鉄分の吸収を高められます。

胃酸も鉄分の吸収に不可欠なので、食事の際はよく噛んで胃酸が十分出るようにし、鉄分の吸収を高めましょう。

 

妊娠中は妊娠前の2倍の鉄分が必要と言われています。

それは体内の赤ちゃんにたくさんの血液が必要になり、全体の血液が薄くなり、血液の鉄分量が減るからです。

また、妊娠中はつわりなどで思うように食事できません。

そのためうまく鉄分を取り入れることも難しくなるので妊活中から鉄分を取り入れるようにしておきましょう。

 

 

・妊娠体質に欠かせない栄養素「タンパク質」

たんぱく質を多く含む食材

次に紹介したい栄養素は「タンパク質」です。

 

タンパク質は細胞を作るうえで欠かせません。

筋肉、臓器、毛髪、爪、皮膚、成長ホルモン、インスリンなどの酵素、抗体などはタンパク質を使って作られていて、身体に不可欠な要素です。

 

タンパク質は体内で蓄えられないため、毎食摂取する必要があります。

タンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、どちらも身体に欠かせません。

また、豆やナッツ類などの植物性タンパク質は不妊予防になるともいわれています。

さらに植物性タンパク質を動物性タンパク質より多く摂ることで排卵障害の不妊リスクが少なくなるようです。

 

大豆やナッツ類は、細胞を傷つけ機能を低下させると言われている活性酵素を除去する抗酸化作用があります。

植物性タンパク質である大豆は大豆イソフラボンを含み、これは抗酸化物質で女性ホルモンと分子構造が似ているので毎食取り入れたいですね。

 

またタンパク質は消化されるときに熱を発し、基礎代謝をあげるといわれています。

冷え性の方には良質のタンパク質をとるようにしたいですね。

多くタンパク質を含んでいる食品は肉、魚、卵、大豆、チーズ、大豆製品、牛乳などです。

これらをうまく組み合わせて、偏った食事にならないように気をつけましょう。

 

 

・妊娠体質に欠かせない栄養素「ビタミン」

野菜

妊活中、妊娠中に欠かせないビタミンには以下のものがあります。

 

①葉酸

②ビタミンA

③ビタミンC

④ビタミンD

⑤ビタミンE

 

葉酸

葉酸はビタミンB群の一つで、DNAの合成や細胞分裂に必要な栄養素です。

もし妊娠中に葉酸が不足するなら、貧血、皮膚障害、動脈硬化リスクの上昇や、胎児の二分脊椎、無脳症、神経管閉塞障害などを引き起こす恐れがあります。

 

緑黄色野菜、果物に葉酸が多く含まれていますので妊活中から積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンA

ビタミンは水溶性と脂溶性があり、ビタミンAは脂溶性で水に溶けにくく、肝臓に蓄積します。

皮膚や粘膜を正常な状態に保つのに必要な栄養素です。

 

ビタミンAが不足すると鳥目や皮膚や粘膜が乾燥して硬くなったり、免疫が低下しやすくなります。妊娠中にビタミンAが不足すると、赤ちゃんの発育異常が生じることがあり、乳幼児がビタミンA不足になると失明する危険性があります。

 

ビタミンAを多く含む食べ物は豚肉や魚、チーズなどがあります。

しかし、ビタミンAの過剰摂取は赤ちゃんに先天異常を起こす可能性があるので摂りすぎに注意しましょう。

 

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用があり、卵子や体内の老化を防げます。

またビタミンCは鉄の吸収を高めると言われいます。

鉄分を多く含む食品と一緒に摂取するようにしましょう。

カリフラワー、かぶ、ブロッコリーにたくさんのビタミンCが含まれます。

 

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を助け、血中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。

また月経困難の改善や卵巣機能、着床などの生殖に大きく関連しているという報告もあります。

 

もしビタミンDが欠乏すると、赤ちゃんの骨の成長に障害をもたらし、卵胞発育障害、着床障害、免疫性不育症などの不妊原因になります。

 

鮭、かつお、しらす干し、きくらげにビタミンDが多く含まれます。

これらも積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンE

ビタミンEは活性酸素を除去して酸化ストレスから身体を守ってくれます。

もしビタミンEが不足すると、受精卵が十分に発達しない恐れがあり不妊の原因にもなるので、毎日摂取する必要があるでしょう。

 

ビタミンEはアーモンドやナッツ類に多く含まれています。

 

しかし、ビタミンEを過剰摂取すると骨粗しょう症になりやすいのも事実です。

ビタミンEとCを一緒に取り入れることで互いの吸収を高められますよ。

 

これらの栄養素からわかるように妊活中に必要な栄養素ですが、過剰摂取にならないよう適度に毎日取り入れることを心がけたいですね。

 

 

・食物繊維→たんぱく質→糖質の順番に食べよう

和風料理

妊娠体質に変化する上で必要な栄養素と共に、食べる順番も理解しておきましょう。

 

食物繊維を最初に食べると、血糖値の急上昇を抑えられます。

野菜や味噌汁、スープなどを先に食べるようにしましょう。

 

糖質を多く含む炭水化物は最後に食べるのが賢明でしょう。

インスリンホルモンを分泌している臓器は膵臓ですが、血糖が上がると膵臓が多くのインスリンを分泌し、血糖を正常値に戻そうとします。

もし常に血糖が高いとインスリンをたくさん出すため膵臓にダメージをきたすようになるでしょう。

そうなると他のホルモンにも影響が出て、排卵障害や子宮内膜症などを引き起こす原因にもなりかねません。

先に、野菜や汁物などを食べておけば、消化吸収の速度も緩やかにしてくれ、炭水化物の食べすぎを予防できます。

炭水化物を食事の後半にする食べ方は、妊活中だけでなくても普段から意識できる習慣ですね。

 

まとめ

女性

妊娠体質に変化するには時間がかかりますが、確実に健康になり妊娠しやすくなります。

 

また妊娠時に必要な栄養素を意識的に摂取するので、妊娠したときに赤ちゃんの成長に役立つことでしょう。

 

妊娠体質に役立つ食事を食べる順番は美容にも良いので、妊娠していなくても続けるようにしていきたいですね。

recommend