fbpx
Event

人間は生まれてから土に帰るまで、ずっと食事と付き合っていきます。

そんな食事の習慣が身につくのは、やっぱり子供の頃に体験する家族の食卓です。

現代人の食習慣改善による「自分らしい人生」の実現

を目指すMiLが、パパとママがお子様と楽しみながら食育を学べるイベントを始めました!

 

毎月数回開催しているイベントで、実際にどんなことをしているのか?どんな雰囲気なのか?イベントの様子をレポートします♫

 


今回のイベントの内容はこちら!

①プロのレシピと家庭のレシピの食べ比べ

②普段使っているあれって何が入っているの?

③お家でできる!野菜でソースを作ってみよう!

④みんなでいただきます!

 

まずは今回の講師のご紹介から。

シェフ岡野 さん

アスリート専属パーソナルシェフ/野菜のソムリエを監修

 

4年間三ツ星レストランで修行し、様々なレストランでシェフとして活躍。

(当時世界最高と言われたフレンチの巨匠ベルナール・ロワゾー氏から学ぶ)

 ※フレンチの巨匠ベルナール・ロワゾー氏とは・・・?

 https://bit.ly/2RIajvH

 

帰国後、食材本来の味を活かす料理を追求し始める。

多くの著名人やアスリート、彼らの子どもの食育をサポートするパーソナルシェフを経て、本メディア運営元である株式会社MiLの立上げに参画。

食品メーカーや、企業へのコンサルティングはもちろん、

オリンピックアスリートや、モデルのパーソナルシェフとしても活躍しています。

 

今年、西麻布にあるお店”倭”の監修をし、そのお店はオープンしてすぐに食べログの評価も3.5を超えて大人気になりました!

 

“倭”では、身体に負担のかかる油や調味料の使用を極力避け、フルコースを食べてもなんと約600キロカロリーという体に優しいお料理を提供しています。

普段食事で野菜を取ろうとすると、サラダや野菜炒めなどの料理で、数種類しか取ることができませんが、”倭”ではフルコースで25品以上もの野菜を摂取することができます。

シェフと会話をしながら心も身体も満たされるお店になっています。

▽食べログページのご紹介

 https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13221835/

 

そんなお店を監修しているシェフが、お家でも簡単に実践でき、野菜を美味しく食べられる方法を教えてくれました!

 

まず初めは、「普段ご家庭で炒めた玉ねぎ」と「甘みがしっかり引き立つ技法を使った玉ねぎ」の食べ比べから。

みなさん、普段どのように玉ねぎを調理されていますか?

 

“油を使ってお鍋で飴色になるまでじっくり炒める!”

 

この調理の仕方が一般的ですよね。

 

実はこれ、玉ねぎの美味しさを引き出す調理法ではないんです!!!

(みなさんこの話を聞いてびっくりされていました。。)

 

玉ねぎ本来の甘みや旨味を引き出す特別な調理法は、イベントに参加するとシェフがこっそり教えてくれますよ♪

 

食べ比べをしたパパママさんは

「何これ!同じ玉ねぎなのにこんなにも違うの?」とみなさんびっくり!

お子様もパクパク召し上がっていました。

食べ比べの次は「普段使っているあれって何が入っているの?」

今回は市販のイタリアンドレッシングについて勉強しました。

 

何気なく使っているドレッシング。

健康に気を使ってサラダを食べている方が多いですが、それにかけるドレッシングには実は酸化した油や保存料がたっぷり。

 

「イタリアンドレッシングには何が入っているの?」

「”カロリーオフ”と言われているものもあるけど、体にはどんな影響があるの?」

 

みなさん普段疑問に思っていることを沢山質問されていました。

(みんな真剣です!!)

質問のあとは、実際にご家庭でもできる”ヘルシーなイタリアンドレッシング”を作りましたよ!

パプリカ、玉ねぎ、きのこ、ドライトマト、オリーブ、ベーコン、お酢、油、、、

同じ材料でも分量によって味が変わってきます。

みなさんお好みの量でアレンジして、ご家庭の味を作っていました。

 

みんなでシャカシャカ!

お子様も楽しそうでした!

 

「そのまま食べても、ご飯にかけても美味しい!」との声も。

 

自分たちが食べているものに使われている原材料まで理解した上で、ご家庭で安心・安全なドレッシングが作れますね!

 

今回のレポートはここまでです!

 

MiLでは、家族みんなでおいしく野菜を食べて健康になれるようなイベントを定期的に開催しております。

 

「子供や旦那さんに野菜を美味しく食べさせたい!」

「調味料や添加物はできる限り取らせたくない!」

「プロのシェフに色々教わりたい!」

という方はぜひ、ご参加をお待ちしております。