fbpx

みなさんは和食と言われて、どんなものを思い浮かべますか?

2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、最近は日本だけでなく世界で注目されている「和食」ですが、そもそも和食とは、一体何なのでしょうか。

和食とは

悩む女性

一口に和食といっても、その種類や形態は様々です。家庭料理で出す味噌汁や卵焼きなども和食ですし、高級料亭の懐石料理でも献立や調理方法は全く異なりますが和食に分類されます。また、天ぷらのように歴史を遡ると、和食にカテゴライズしていいのか判断に迷うものも少なくありません。

 

こうした事情からなのか、「これが和食だ」という定義は、残念ながら現在は存在しません。本記事では「日本の家庭料理の中で、明確に洋食や中華など他の地域の料理に区分されていないもの全般」とさせて頂きます。

 

和食のスタイル

一汁三菜

和食のスタイルとは一汁三菜(いちじゅうさんさい)になります。ご飯に加えて1つの汁物と3つのおかずを組み合わせたスタイルです。

 

<引用>昔ながらの日本型の食事は、一汁三菜が基本になっています。一汁三菜とは、ご飯に汁もの、おかず3種(主菜1品、副菜2品)で構成された献立。ご飯でエネルギー源となる炭水化物を、汁もので水分を、おかずでその他の栄養をバランスよくとることができます。多くの栄養素が交互に胃に入って混ざり合うことで、消化や吸収がよくなったり、余分な脂肪や糖分、塩分を排出したりといった効果も期待できます。</引用>

出典:うま味レシピ 一汁三菜-日本うま味調味料協会

 

一汁三菜のスタイルがいつ頃確立されたのかは定かではありませんが、食卓の見た目を華やかにしつつ、バランス良く栄養を摂れるという大変合理的な方法です

 

和食の場合、動物系の食材のメインは魚で、牛や豚の肉を使った料理は洋食に比べると少なめです。この理由は、仏教の影響があると言われています。

 

仏教の教えの一つに肉食の禁止というものがありますが、日本では江戸時代の終わりまでこの教えが強く根付いており、結果として肉より魚を使った料理が盛んになったのではないかと推測されています。

 

刺身

日本で育つとなかなか実感が湧きませんが、刺身など生の魚をそのまま食べる食文化は、世界的にとても珍しい食文化でほとんどの国で魚は調理して食べるものとして扱われることが多いです。

 

香辛料

和食の調理では、他の地域の料理と比較すると、あまり香辛料は使われない傾向にあります。

もちろん、皆さんご存じの通り全く使わない訳ではありませんが、例えばインドカレーのようにたくさんの香辛料を組み合わせて独自の味を作り出すといったことはせず、味にワンポイントで変化を出すといった使い方が主流です。

逆に、味噌や醤油といった発酵食品系の調味料を使うことが多いのが、和食の特徴とも言えます。

 

和食を中心とした生活の良さとは

メリット

世界各国で和食が人気を博している裏には、味だけでなく、和食がもつさまざまなメリットの存在があります。ここでは、代表的なものをいくつかご紹介します。

 

<脂質が少なくヘルシーな料理が多い>

和食は洋食と比べると1食あたりの脂質が少ない傾向にあり、その分ヘルシーといえます。

これは、肉よりも魚や野菜を中心としたメニューが多いためです。

 

油のとりすぎが心配な方は、日々の運動と合わせて和食を取り入れることで、油の摂取を抑えられる可能性があります。生活習慣病予防の一環として和食を取り入れるのも、おすすめです。

和食の中にも、トンカツや天ぷらのように油を多く使う料理もあり、「和食なら何でも良い」という訳ではないのでその点は注意しましょう。

 

<食物繊維をばっちり確保して腸にも優しい>

和食は元々野菜を使ったメニューが豊富で一汁三菜を組み合わせる過程で野菜を多めに摂取できます。

野菜には良質な食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境を整えたいという方にも和食はおすすめです。

 

<汁物で体を温めながら食事できる>

和食の汁物の多くは温かいタイプなので、胃や腸を温めながら食事をとれるというメリットがあります。

ただし、味噌汁など塩分を多く含む材料を使うケースも多いので、塩分過多にならないようにしてください。

簡単和食レシピ

簡単にできる和食のレシピ例をご紹介しましょう。

 

○かぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物

かぼちゃは緑黄色野菜の1つで、ビタミンB1・B2・C・Eやミネラルが豊富に含まれた食品です。

また、特に皮の部分にはβカロテンが豊富に含まれているので、皮ごと柔らかく食べられる煮物はお勧めの調理方法。

旬の季節だけでなく、1年中楽しめますよ。

 

<材料>

カボチャ 400g

水 1カップ

ほんだし 1/2本

砂糖 大さじ1

しょうゆ 小さじ1

 

<作り方>

1.まずカボチャの種とワタを取り、下ごしらえをします。そのあとに縦3センチほどの幅でくし形に切り、それを横に3等分に切ります。

 

2.鍋に水と下ごしらえしてカットしたカボチャを加えて、フタをして加熱します。沸騰してきたら、中火にして10分ほど煮ます。そこにほんだしを加えて、カボチャが柔らかくなり、味が沁み込むまで弱火で煮ます。

 

3.カボチャが柔らかく煮立ったらできあがりです。

参照:レシピ大百科:かぼちゃの煮つけ

 

○冷や奴

冷ややっこ

料理と言うにはいささかシンプル過ぎますが、大豆から作られた豆腐はタンパク質を中心に、実は意外なほど多くの栄養をもった食品です。

 

<材料>

豆腐 1丁

ねぎ 適量

ショウガ 適量

 

<作り方>

1.豆腐1丁を1/4カットしてお皿に盛りつけます。

2.豆腐の上にねぎやショウガを添えて完成です。

 

同じ大豆製品の納豆を掛けて、納豆豆腐にするのもお勧めですよ。

 

 

ひと手間かけた上級和食レシピ

○貝の味噌汁

貝の味噌汁

味噌汁は概ね簡単に作れますが、少し手間がかかるのが貝類を使ったお汁ものです。

貝の場合、事前に砂出しや、死んでいる貝を除去するなど、貝の下ごしらえが必要です。

今回は、二日酔いに効くともいわれているシジミの味噌汁を紹介したいと思います。

 

<材料>

水 500ml

しじみ 200g

長ネギ 適量

昆布 5cm

酒 大さじ1

味噌 大さじ2

 

しじみの砂抜きに必要なもの

水 200ml

塩 小さじ1/6程度

 

<下準備(しじみの砂抜き)>

 

1.200mlの水に塩を加えて、0.3%の食塩水を作ります。

2.次にザルにシジミを重ならないように並べます。

3.シジミをいれたザルを塩水の入ったボールに入れ、この時、ザルはボールの底に付けないようして、しじみがすべて浸かるように、塩水の量を調整しましょう。

4.暗所で、夏場であれば、4時間程度、冬場であれば、5時間程度置いたままにします。

5.そのあと、水から取り出し、濡れ布巾などで湿り気を与えながら、3~6時間程度、置いたままにします。3~6時間程度経ったら、砂抜き完了です。

 

<作り方>

1.砂出しが終わったしじみを流水にあてながら、良く洗って、水と昆布と一緒に火にかけます。弱火でじっくりとしじみと昆布からダシを取ります。温まってきたら、アクが出るのでアク取りをしながら、火にかけていきます。

 

2.沸騰してきたら、火を少し弱めて、シジミの殻が開いてきたら、2分程度で昆布を取り出します。この時、再度残っているアクを取り、シジミを端に寄せて、砂が出ていないかも確認しましょう。

*どれだけ丁寧に砂抜きしても、砂が残っている場合があるので、砂底に砂がある際は、一度ダシだけを茶こしなどでこしましょう。

 

3.再び、火をつけて温め直し、酒を加えます。ゆっくりと味噌を溶いていき、沸騰直前まで温まったら、椀に注いで、出来上がりです。

 

貝類の中でも特にシジミはアミノ酸やビタミンB12が豊富で、このビタミンB12は眼精疲労に良いとされています。二日酔いだけでなく、パソコンやスマホをたくさん使う方には特におすすめの料理です。

 

○豚の角煮

豚の角煮

豚肉はタンパク質とビタミンB1が豊富で、どちらも私達の体になくてはならない栄養素です。そんな豚肉を効率よく摂取しやすい料理の一つとして、豚の角煮のレシピを紹介します。

 

<材料>

豚バラかたまり肉 800g

しょうがの薄切り 1かけ分

水 4カップ

砂糖 70g

しょうゆ 大さじ5

酒 大さじ5

ほんだし 小さじ2

瀬戸のほんじお 小さじ1/2

ホウレンソウ 1束

練がらし 少々

 

<作り方>

1.豚肉を塊のまま、お湯につけ、2時間程度、豚肉が柔らかくなるまで弱火で茹でます。

2.柔らかくなったら、火を止めて、そのまま冷やし、十分に冷えたら5センチ程度にカットします。

3.鍋に調味料をすべて加え、カットした豚肉を入れて、弱火で1時間程度煮込みます。

4.ホウレンソウはサッと茹でて、4センチほどにカットします。

5.煮込んだ豚肉と茹でたホウレンソウをお皿に盛りつけて、煮汁を上からかけたら完成です。

 

豚の角煮は調理時間が長く楽に作れる料理ではありませんが、ご飯だけでなくラーメンなど別の料理とも合わせやすいので、多めに作っても問題ありません。

ちょっと手間の掛かったメニューを入れたいときにお勧めです。

 

見た目で食欲UP!和食盛り付けのコツ

和食は見た目が地味になりやすいのですが、盛り付け次第で美味しさもよりアップします。

最後に、そんな和食の盛り付けのコツをご紹介しましょう。

 

<三角形を意識して盛り付ける>

1皿に複数の具材を盛り付ける時は、各具材を結ぶ線が三角形あるいは逆三角形になるように載せてあげると、綺麗に見せることができます。

 

<立体感を出す>

主食・おかずを問わず、盛り付ける時は立体感を意識することが大切。

こういうとちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、ご飯の形を山を意識して盛り付けたり、小さい天ぷらを背にして大きな天ぷらを立たせてみたりといった感じで、問題ありません。段々と上手くなっていくので、まずは意識することから初めてみましょう。

 

おわりに

1汁3菜を基本スタイルとした和食はバランスのよい食事として、代表格として挙げられる料理の一つです。調味料をあまり使わず、脂質が少ないヘルシーな和食は、コンビニやファーストフード店などで偏った生活習慣の方には重要な料理とも言えます。

 

普段あまり自炊されない方も、今回ご紹介した和食レシピを週末に挑戦してみてはいかがでしょうか。

recommend