fbpx

産後は、出産の疲れが取り切れず、本調子に戻るまで時間がかかる方も多いのではないでしょうか。この時期に摂取する食べ物の違いで、体力だけではなく、お肌の調子やスタイルを取り戻すまでの時間を大きく短縮することが可能になります。

この記事では、産後の体の状態や、おすすめの食べ物、さらには、意識的に摂取すべき栄養素とその役割などについて説明していきます。

産後の体ってどんな状態?

産後におすすめの栄養素をお話していく前に、まずは自分の体の状態を知ることから始めていきましょう。

産後の体は、出産によって大きく体力が低下している状態です。
中には、妊娠による体内のホルモンバランスの変化や、妊娠前の体に戻ろうとすることで、原因不明のだるさに襲われることもあります。また、慣れない授乳によって睡眠不足が続き、なかなか体力の回復ができないという方が多いのではないでしょうか。

 

他にも、産まれてすぐは外出ができないことや、お風呂にゆっくり入れないなど、うまく気分転換がしにくく、精神的なストレスや負担がある方もいらっしゃいます。
このように、産後は心身ともに負担が大きい時期なため、より栄養を考えての食生活が大切になります。

 

 

【産後の食事で摂りたい栄養素】

食べ物

産後に積極的に摂取していきたい栄養素についてご説明していきます。

 

◆低血圧改善に鉄分
産後は低血圧になりがちなので、小松菜やホウレンソウなどから鉄分を多めに取るように心がけていきましょう。

 

◆カルシウム
ストレスを感じやすい産後は、カルシウムを摂って心をリラックスするようにしましょう。カルシウムは牛乳など、手軽な食品から摂取できるので、毎日積極的にとっていきましょう。

 

◆体の免疫力アップにビタミンC
産後は体力だけでなく、免疫力も低下しています。ママが風邪をひいてしまうと大変です。そうなることを防ぐために、ブロッコリーなどの野菜からビタミンCを摂取しましょう。

 

◆葉酸をとって元気な体作りを
妊娠前、妊娠中も葉酸は積極的に摂っていたと思いますが、この葉酸は、体内の細胞再生を助ける効果もあります。出産後も葉酸を摂りいれて、元気な体を作っていきましょう。

 

◆人間の体つくりに必要なタンパク質
私たち人間の体は、タンパク質を欠かすことはできません。肉や魚を食べ、タンパク質を多めに取るようにしましょう。脂身が多い肉は、母乳の出が悪くなってしまうので、出来るだけ控えるようにしてください。

産後の食事のポイント

女性

産後、キッチンに長時間立っているだけで辛いという方も中にはいると思います。そのため、食事の準備や摂り方を工夫して、少しでも体への負担を減らしていきましょう。

 

◆簡単レシピをストックしよう
産後の食事で大切なことは、必要な栄養素をしっかりと摂取していくことです。煮込み料理や、焼くだけで完成する料理など、手間いらずのレシピをストックして、ご飯作りを工夫してみましょう。

 

◆余った食材は即冷凍
料理を作る際に、ちょっと多めに作って残りを冷凍しておくのもポイントです。冷凍しておけば、電子レンジでチンするだけで直ぐに準備することが出来ます。

 

◆宅配サービスの利用
赤ちゃんを抱っこしながら買い物をし、重たい荷物を持って帰るのはとても大変ですよね。そこで便利なのが、宅配サービスです。

宅配サービスは、食材を全て家まで届けてくれますし、栄養バランスが考えられたレシピも一緒についてきます。企業によっては、子育て割引などもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

【産後の食事におすすめのレシピ】

鍋

◆お鍋

産後の食事にお勧めなのが鍋料理です。お鍋は具材を切って、火にかけるだけであっと言う間に完成するのでお手軽です。お鍋なら野菜も多く取れるので栄養満点。今はお鍋の出汁もたくさんの種類があるので、飽きる心配もありません。

 

炊き込みご飯

◆炊き込みご飯
炊き込みご飯も鍋同様に手軽に出来るメニューとなっています。産後は授乳があるため、お腹が減るのが早く、食事回数が増えがちです。1回で多めの炊き込みご飯を作り、余りをおにぎりや冷凍にしておけば、間食用のご飯もキープできます。

 

◆うどんやそば
うどんやそばも、茹でておつゆを入れるだけ!な簡単なご飯です。トッピングに野菜や卵を添えると栄養も取れるので、おすすめです。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?産後におすすめの栄養や、簡単に出来るメニューをご紹介しました。バランスの良い食事を摂ることは、ママだけでなく、赤ちゃんの成長も促されます。ポイントを抑えながら、無理なく簡単に栄養満点の食事を作ってくださいね。

recommend