fbpx

赤ちゃんも無事に育ち、あっという間に6ヶ月が過ぎた頃訪れるのがハーフバースデー。6ヶ月間すくすく育った赤ちゃんはもちろん、慣れない子育てを頑張っているママも、一緒にお祝いするのは素敵ですよね。そんなハーフバースデーや1歳になったとき迎えるファーストバースデーなど、離乳食ケーキを手作りし、家族でお祝いするのも良いものです。今回は素敵なお誕生日を祝うため、離乳食ケーキを作る意味や離乳食ケーキのレシピをご紹介していきます。

離乳食ケーキってどんなもの?

ロールケーキ

離乳食ケーキとは、赤ちゃんでも食べられるように、離乳食の材料で作るケーキのことです。このころの離乳食は、野菜ペーストや10倍粥、豆腐などをベースにすることが多いため、可愛いケーキのような盛り付けや華やかな見た目は、いつもの食卓とは違う雰囲気を味わえます。作り方や盛り付けかたなどは様々で、決まった形はありませんが、野菜のペーストをハートや星形のクッキー型に流し入れ冷やし固めるものや、豆腐に片栗粉を混ぜ合わせムース状にし、ふんわり固め野菜をトッピングしたものなど、多くのレシピがあります。

 

また、アレンジ次第でロールケーキ風にしたり、しっかり水切りした豆腐を泡立てるように混ぜ合わせホイップクリーム状にするなど、可愛い離乳食のケーキが作れます。見た目も雰囲気もいつもの離乳食と違うので、赤ちゃんは可愛い飾り付けやデコレーションを見て喜ぶことでしょう。

 

 

【離乳食ケーキを作る理由】

女性

離乳食ケーキという言葉は、もしかしたら聞き慣れない言葉かもしれません。日本では、生後6ヶ月を祝うお祝いとして親しまれています。

一方で、元々はアメリカやイギリスなど海外の習慣から来ている言葉で、長期の休暇などが重なりることでお友達からお誕生日をお祝いしてもらえない子どものため、誕生日の6ヶ月前や6ヶ月後にお友達を呼んでお祝いしよう、というのが始まりのようです。

 

赤ちゃんの成長は早く、気がついたら寝返りをうてるようになったり、人の顔が識別できるようになったり、よく笑うようになったりと、わずか6ヶ月あまりで大きく成長します。離乳食のケーキを作るのは、そのような日々の成長をお祝いして記録するという意味もあります。また、慣れない育児を頑張っているママに対する半年たったお祝いの意味もあります。

ハーフバースデーに!かんたん離乳食ケーキレシピ

赤ちゃん ハーフバースデー

赤ちゃんの成長のお祝いに手作りする離乳食ケーキ。実際に作るとなると、難しそうと考えてしまうこともあるのではないでしょうか。離乳食ケーキは、普通の離乳食とそれほど変わらない手順で作ることができ、コツさえわかれば難しいものではありません。ここでは、6か月の成長のお祝いにピッタリなハーフバースデー用、かんたん離乳食ケーキレシピをご紹介していきましょう。

 

 

■かんたん離乳食バナナケーキ

(材料)

・粉ミルク 大さじ2

・バナナ 10等分できるくらいの量

・片栗粉 小さじ1

・白湯 適量

・カップケーキ用のアルミ箔(小)12枚ほど

 

(作り方)

1、粉ミルクと片栗粉をお茶碗などの中で混ぜ合わせておきます。

2、オーブンを160度の余熱で温めておきます。バナナの皮をむき10等分に切り分けます。

3、アルミ箔に白湯を少量ずつ入れ、混ぜ合わせた粉ミルクと片栗粉をその上から入れて、バナナをひと切れずつ乗せていきます。

4、材料を流し入れたアルミ箔をオーブンに入れ7分ほど加熱して出来上がり

 

 

■ハートクッキー型の離乳食ケーキ

(材料)

・10倍粥 大さじ3

・離乳食用の野菜 大さじ2

・お好きなクッキー型 1つ

・ラップ、アルミホイル 適量

 

(作り方)

1、クッキー型の下をラップで包み、おかゆを入れても漏れないようにピッタリとつけて底を作ります。

2、準備したクッキー型におかゆを半分まで流し入れ、スプーンで平らにならします。野菜を小さじ1ほどトッピング用に取っておき、残りの野菜を入れて平らにならします。

3、残りのおかゆをクッキー型に入れ上からラップでピタリと蓋をし、冷蔵庫で2時間ほど固めます。

4、冷凍庫で固まったらクッキー型の底のラップを取りお皿に乗せ、スプーンの背で軽くおかゆを上から押さえながら型を外します。

5、残しておいた野菜小さじ1を、クッキー型から外した離乳食ケーキの周りに散りばめます。食べるときはレンジで加熱して温めるのが良いでしょう。

 

 

■星形ニンジンの離乳食ケーキ

(材料)

・じゃがいも 1/2個

・ニンジン 3cmほど

・豆腐 大さじ3

・水 適量

・お好きなクッキー型 1つ

・牛乳パック

 

(作り方)

1、じゃがいもとニンジンの皮をむき、薄く切っておきます。

2、鍋に水とじゃがいも、ニンジンを入れ火にかけて茹でます。茹で上がったじゃがいもは裏ごしし、ニンジンの一部はクッキー型で型抜き、残りはペースト状にしておきます。

3、鍋に水と豆腐を入れて火にかけ加熱します。火が通ったらすり鉢で滑らかなクリーム状になるまですっておきます。

4、牛乳パックの1つの面を切り取り、クルっと丸めて外側をテープで止めて型を作ります。お皿に型を乗せ、中にじゃがいもを半分敷き詰めニンジンペーストをその上に入れ、再び残りのじゃがいもを上から乗せます。

5、クリーム状にした豆腐をじゃがいもにかけるように型の中に入れ、型から抜きます。

6、型抜きしたニンジンを離乳食ケーキの上にトッピングします。

 

 

【1歳のバースデーに!かんたん離乳食ケーキレシピ】

ケーキ

赤ちゃんが1歳にもなると、できることが増え、ママもパパも感慨深いものがあるでしょう。1歳になった誕生日はもちろんですが、ここまでがんばったママもねぎらってあげたいものですよね。ここでは1歳のバースデーに最適な、かんたんに作れる離乳食ケーキレシピを一緒に見ていきましょう。

 

 

豆腐のふんわりムースケーキ

(材料)

・豆腐 50g

・かぼちゃペースト 小さじ1

・ニンジンペースト 小さじ1

・キャベツペースト 小さじ1

・水溶き片栗粉 適量

・シリコン型 1つ

 

(作り方)

1、豆腐を水切りしておき、フードプロセッサーなどで滑らかなクリーム状にします。

2、滑らかにした豆腐に水溶き片栗粉を入れて混ぜ合わせ、電子レンジで1分ほど加熱し、改めてしっかり混ぜ、シリコン型に入れて冷蔵庫で冷やします。

3、冷えたらお皿に乗せシリコン型を外します。スプーンでムースケーキの上にそれぞれの野菜ペーストを彩り良く乗せます。

 

 

■豆腐の離乳食ホールケーキ風

(材料)

・豆腐 1丁

・マッシュしたじゃがいも 小さじ3

・ニンジンペースト 小さじ1

・かぼちゃペースト 小さじ1

・ブロッコリーペースト 小さじ1

 

(作り方)

1、四角の豆腐の真ん中をお茶碗やコップなどを使い丸くくり抜きます。

2、くり抜いた豆腐をお皿に移しラップをかけ、電子レンジで1分ほど加熱します。加熱が終わったらしっかりと水切りをします。

3、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーのペーストをマッシュしたじゃがいもとそれぞれ混ぜ合わせ、耳たぶより柔らかめに調整します。

4、混ぜ合わせたペーストを豆腐の上に彩りとバランスを確認しながら乗せます。

 

 

■食パンと豆腐の離乳食ケーキ

(材料)

・食パン 8枚切り1枚

・豆腐 20g

・かぼちゃ 10g

・水 適量

・丸いクッキー用の型枠 1つ

 

(作り方)

1、クッキー用の丸い型枠を使い食パンから2つくり抜きます。

2、鍋に水とかぼちゃを入れ火が通るまで煮立たせます。火が通ったら冷まして裏ごしします。

3、鍋に水と豆腐を入れて加熱します。火が通ったら裏ごししてクリーム状にします。

4、裏ごししたかぼちゃとクリーム状にした豆腐を少量混ぜ合わせパンに塗り、サンドイッチにします。

5、パンの上にクリーム状にした豆腐をホイップクリームのように塗り出来上がりです。

 

 

【まとめ】
子育て中大変なことがたくさんあったものの、赤ちゃんが無事に6ヶ月、1年と成長し、できることが増えてくると嬉しいものです。ハーフバースデーや1歳記念に作る離乳食ケーキは、一見「難しそう・・・」と思いがちですが、離乳食を作る延長線なので、あり難しくはありません。赤ちゃんが成長した記念に、家族の思い出として、美味しい離乳食ケーキを作ってみんなでお祝いをしてみてはいかがでしょうか。

recommend