fbpx

新しい命を授かる妊娠。夫婦にとって喜ばしい事ですね。ママも赤ちゃんも健康にでいるために、気を付けなければいけないのが体調管理です。妊娠をすると食欲が出てきて、ついつい食べ過ぎてしまう方や、逆に、つわりがひどく、食事を摂るのが難しい方もいらっしゃいます。

お腹の中の赤ちゃんのためにも、しっかりと栄養を摂っていきたいですよね。この記事では、妊娠中の推奨体重や、時期別摂取カロリーの目安について詳しく解説していきます。

妊娠中の推奨体重増加量はBMIで知ろう

電卓と手

妊娠中に意識しておきたい事は、限度を超える体重増加を避けることです。子どもを授かると、体重が増えるのは当たり前ですし、これは悪いことではありません。しかし、しっかりと体重管理を行わないと、胎児に悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。では、妊娠中はどれくらい体重が増えても大丈夫なのでしょうか。

 

 

◆BMIを利用しよう
推奨体重に関してはBMIを利用していくことをお勧めします。BMIとは、体の大きさを表す指数で、身長と体重から、現在の状態が痩せているか、肥満なのかといったことを把握することが出来るようになっています。計算式としては、

 

体重÷(身長×身長)

 

例えば、現在の体重が50kg、身長が162cmだったとします。この場合…

 

50÷(1.62×1.62)=19.08

 

となり、標準の範囲となります。そして、ここから妊娠によって増える体重をプラスしていきます。妊娠をすると、体内の血液と水分が2kgほど増えると言われています。さらに、胎児の体重が3kg、羊水などで2kgとなり、大体平均体重よりも7kg増えるのが一般的です。上記の例で言うと、元々の体重が50kgでそこに7kgプラスされても57kgでBMI計算を行っても標準の範囲内なので問題はないでしょう。

 

【BMIの指標】
18.5未満…痩せ気味
18.5~25…標準
25以上…太り気味

 

 

【妊娠中のカロリー摂取量の水準とは?】

ドーナッツ

女性にとってカロリーは天敵。普段から、カロリーを気にして食事をしている方も多いのではないでしょうか。しかし、妊娠をすると、カロリーは健康な子どもを産むためには欠かせないものになります。お腹の赤ちゃんは、お母さんの体から栄養を貰う必要があります。

ですので、2人分の栄養を取らなければなりません。

 

妊娠しているにも関わらず、ダイエットや無理な食事制限をしてしまうと、赤ちゃんに栄養がいかなくなってしまうので、よくありません。カロリーを摂りすぎても赤ちゃんや母体に良くないので適切なカロリーガ必要になります。

では、どれくらいの目安のカロリーを摂取していけば良いのでしょうか。

 

あくまで目安になりますが、18歳~30歳までの女性だと、多くても1日2200カロリーとなります。しかし、この上限は妊娠中のライフサイクルによって変わってくるもので、1日の運動量が極端に低い場合は1600カロリーほどが理想となっています。

30歳以上の女性になってくると、摂取カロリーは増えて2300カロリーあたりが限度となります。これも、運動量が少ない場合は1700カロリーあたりが上限となりますので、自身のライフサイクルによって、理想の摂取カロリーが変わることを覚えておきましょう。

妊娠初期のカロリー摂取目安

めも

さて、上記で妊娠中は摂取カロリーが増えてくるとお話しましたが、実は妊娠何か月かによっても摂取すべきカロリーが異なってきます。まずは妊娠初期から見ていきましょう。

 

 

◆妊娠初期
妊娠前の基本摂取カロリーよりプラス50カロリー採れば十分となっています。50カロリーと言えば、クッキーやちょっとしたお菓子で賄えるので、特に意識しなくても良いでしょう。

 

 

◆妊娠中期のカロリー摂取目安
妊娠中期になると、辛かったつわりも落ち着き始め、食欲が戻ってきます。しかし、食べ過ぎてしまうとカロリーの過剰摂取に繋がってしまうので、気をつけましょう。

この頃は、標準よりもプラス250カロリーあたりが推奨されています。250カロリーと言うと、ご飯1杯分、パンケーキであれば大体1個分となっています。

 

 

妊娠後期のカロリー摂取目安
この頃になると、1日に必要なカロリーは一気にあがり、プラス450カロリーあたりが目安となってきます。大体ごはん2杯分になります。

ここで注意したいのが塩分です。妊娠後期になってくると、太りやすく、むくみやすい体質になっていることが多く、ここで塩分を取りすぎてしまうと、より体全体がむくんでしまう危険性があります。なるべく塩分を抑えながらバランスの取れた食事がお勧めです。

 

 

【まとめ】
いかがでしたでしょうか。時期によって摂取カロリーが異なってくるので、事前にしっかり調べておきましょう。

また、カロリーを摂取する際は、お菓子からではなく、栄養がある肉や魚、野菜などから摂取することを心掛けてくださいね。ストレスを溜めずに楽しい妊婦生活を楽しんでください。

recommend